【画像】暗号化ファイル伝送ツールとメール誤送信防止製品が連携(富士通FIP、富士通SSL) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.21(火)

暗号化ファイル伝送ツールとメール誤送信防止製品が連携(富士通FIP、富士通SSL) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

送信側がOutlookでファイルを添付したメールを送信する際に送信確認画面が起動、自動的に検出した送信リスクが送信者に通知される(画像はプレスリリースより)
送信側がOutlookでファイルを添付したメールを送信する際に送信確認画面が起動、自動的に検出した送信リスクが送信者に通知される(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. Alert Logic、AWSにつづきMicrosoft Azureに対応(MBSD)

    Alert Logic、AWSにつづきMicrosoft Azureに対応(MBSD)

  2. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

    サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  3. HTTPS通信の検査で標的型サイバー攻撃による被害を防ぐソリューション(日立ソリューションズ)

    HTTPS通信の検査で標的型サイバー攻撃による被害を防ぐソリューション(日立ソリューションズ)

  4. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  5. SDN対応製品とセキュリティ製品の連携でサイバー攻撃を自動防御(NEC、トレンドマイクロ)

  6. バックオフィスサービスに、e-文書法対応のタイムスタンプサービスを提供(トランスコスモス、セコムトラストシステムズ)

  7. 神戸大学医学部附属病院が「指紋認証装置付ICカードシステム」を採用(三菱電機)

  8. 感染力が高く、HDDをフォーマットするマクロウイルスの新種「Cybernet」への各社対応状況

  9. 「Firebox」の新モデルを発売、暗号化トラフィックの処理速度を高速化(ウォッチガード)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×