【画像】PC操作からサイバー攻撃の被害に遭いやすいユーザーを判定する技術を開発(富士通、富士通研究所) (2/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.19(日)

PC操作からサイバー攻撃の被害に遭いやすいユーザーを判定する技術を開発(富士通、富士通研究所) 2枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 「JP1」などと「FireEye」を連携、感染端末の自動排除を可能に(日立、ファイア・アイほか)

    「JP1」などと「FireEye」を連携、感染端末の自動排除を可能に(日立、ファイア・アイほか)

  2. クラウドストレージサービス「Box」の日本市場における事業戦略発表会を開催(マクニカネットワークス)

    クラウドストレージサービス「Box」の日本市場における事業戦略発表会を開催(マクニカネットワークス)

  3. 社長に本富氏を迎え、日本市場の販売活動を強化(デジタルガーディアン)

    社長に本富氏を迎え、日本市場の販売活動を強化(デジタルガーディアン)

  4. 若手人材の育成支援を目的に、学生のCODE BLUE無料招待など実施(カスペルスキー、CODE BLUE事務局)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. 「FFR yarai」と「SML」を連携、検知から分析、改善策の提案まで提供(富士通、富士通SSL)

  7. 【Interop 2013】標的型攻撃から企業・組織を守るために、先手を打つ攻めの防御が必要(マクニカネットワークス、マクニカソリューションズ)

  8. 佐鳴予備校の学習用タブレット約3万台に「Dr.Web」を導入(チエル)

  9. コールセンターにおける個人情報漏洩やウイルス感染を防ぐコールセンター用パッケージソフト「ストラタダイヤル リナックス」を発売(ライブドア)

  10. ソフトウェアの無断インストール販売で、大阪地裁が賠償認める判決

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×