【画像】昨年度より歩きスマホによるけがの経験も増加(MMD研究所) (1/5)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.19(日)

昨年度より歩きスマホによるけがの経験も増加(MMD研究所) 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

画像はイメージです
画像はイメージです

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  2. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

    4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  3. ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

    ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

  4. 不正コピーされたソフトウェアの使用率、日本は18%と微減(BSA)

  5. もっとも注目しているITワード4位は「IoT」、2014年12月調査と比較し大幅な伸長(リクルートテクノロジーズ)

  6. 「不正コピー報告数番付」、東京が4割を占めるなど「東高西低」の状況(BSA)

  7. サイバー犯罪の「金のなる木」ランサムウェア、国内被害報告前年比7倍(トレンドマイクロ)

  8. 4歳~6歳児では40%台が情報通信端末を利用(総務省)

  9. 「強い組織になるためのオンリーワン戦略」第三回--ラックレポート(ラック)

  10. サーバの脆弱性更新プログラムの適用は約半数、14%は把握もしていない(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×