【画像】無線ネットワークを利用して河川の水位状況をリアルタイムで把握(沖電気) (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.14(木)

無線ネットワークを利用して河川の水位状況をリアルタイムで把握(沖電気) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

河川各所のセンサーからの観測データを920MHz帯の無線でやりとりし、監視センター内のサーバで収集・蓄積が行われる(図は同社プレスリリースより)。
河川各所のセンサーからの観測データを920MHz帯の無線でやりとりし、監視センター内のサーバで収集・蓄積が行われる(図は同社プレスリリースより)。

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 高千穂大学職員が不正アクセス、業務を混乱させたとして逮捕

    高千穂大学職員が不正アクセス、業務を混乱させたとして逮捕

  4. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  5. 社内 CSIRT 構築時の現状評価、計画策定、専門業務を代行(CTC)

  6. IT化の進む自動車業界で部品メーカーもサイバーセキュリティ分野に注力(WHITE MOTION)

  7. リコール対象製品による火災などの重大事故が毎年多数発生(消費者庁)

  8. セキュリティパッチ配布・管理ツール「HFNetChkPro4日本語版」を発売(ネットワールド)

  9. 自動運転の「サイバーセキュリティ及びデータ保護に係るガイドライン」について合意(WP29)

  10. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×