陸自1等陸尉、約14万名の個人情報を持ち出し外部に提供した容疑で逮捕(陸上自衛隊) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

陸自1等陸尉、約14万名の個人情報を持ち出し外部に提供した容疑で逮捕(陸上自衛隊)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 陸上自衛隊西部方面警務隊は8月31日、自衛隊鹿児島地方協力本部の1等陸尉である徳永安成容疑者(46歳)を、行政機関個人情報保護法違反容疑で逮捕した。同容疑者は、陸上自衛隊のほぼ全隊員数に相当する約14万名分の個人情報を不正に持ち出し、外部に提供していたとされる。これは7月13日に自衛隊に対し「情報が入ったCD-Rを拾った」という匿名での情報提供により捜査が開始され、隊員募集業務でデータベースにアクセスできる立場にあり、またアクセスログの検証から同容疑者の関与が浮上したという。流出した個人情報は、隊員の氏名、住所、年齢、家族名、現在の所属先などで、陸上自衛隊では機密性の高い情報ではないとしている。


http://www.mod.go.jp/gsdf/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×