【画像】個人情報漏えい事故調査委員会による報告書を公表、被害は約4,858万人に(ベネッセホールディングス) (1/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.21(火)

個人情報漏えい事故調査委員会による報告書を公表、被害は約4,858万人に(ベネッセホールディングス) 1枚目の写真・画像

インシデント・事故

ベネッセグループの新体制
ベネッセグループの新体制

編集部おすすめの記事

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ)

    ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ)

  2. 「スピードラーニング」を複製、販売していた男性を送致(ACCS)

    「スピードラーニング」を複製、販売していた男性を送致(ACCS)

  3. 「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

    「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

  4. 「バンダイナムコIDポータルサイト」に3万4千件の不正ログイン(バンダイナムコゲームス)

  5. 「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

  6. 不正アクセスによりセキュリティコードを含むカード情報が流出(高商事)

  7. 置き忘れた鞄から個人情報を記録したUSBメモリが盗難される(京都産業大学附属高等学校)

  8. ショッピングサイト「EIC-BOOK」に不正アクセス、カード情報が漏えい(ウェブサービス)

  9. 「Windows 7」や「Office」海賊版を「リカバリーディスク」と説明し販売(ACCS)

  10. 「MAME」と「大魔界村」などのアーケードゲームを無断複製したPCを販売(ACCS)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×