【画像】「Twitterを利用した防災・減災情報」に関する調査結果を発表、災害の種別は「地震」が最も高く76.9%に(NTTコム リサーチ) (1/5)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.19(日)

「Twitterを利用した防災・減災情報」に関する調査結果を発表、災害の種別は「地震」が最も高く76.9%に(NTTコム リサーチ) 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

Twitterを利用した防災・減災情報の活用は役に立つと考えるか
Twitterを利用した防災・減災情報の活用は役に立つと考えるか

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  2. 4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

    4人に1人がランサムウェア被害、6割が支払いに応じ 額は300万円以上過半(トレンドマイクロ)

  3. ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

    ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

  4. 10~30代は2割以上がスマートフォンにかなり依存していることを自覚(MMD研究所)

  5. ネット上での誹謗中傷、目撃場所はSNSが60.8%で最多(MMD研究所)

  6. モバイルセキュリティへの理解度について調査結果を発表、約半数がパスワードでの保護を行わず(シマンテック)

  7. IoT時代を見据えたSpike DDoSツールキットによる大規模DDoS攻撃に警告(アカマイ)

  8. 経営層向けの「セキュリティ指南書」を無償提供(パロアルトネットワークス)

  9. 誤送信の経験は従業員の64.6%、企業の約6割が誤送信対策ソフトを導入せず(デジタルアーツ)

  10. 持続的標的型攻撃における「内部活動」を明らかに--分析レポート(トレンドマイクロ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×