【画像】自分の位置情報を提供の意向がある人は65.4%に(総務省) (6/6)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.18(土)

自分の位置情報を提供の意向がある人は65.4%に(総務省) 6枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

位置情報が企業の広告やマーケティング、商品開発等に使われることがあることの認知度
位置情報が企業の広告やマーケティング、商品開発等に使われることがあることの認知度

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

    ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

  2. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  3. 日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

    日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3が判明(フレクセラ)

  4. インテリジェンス主導型SOCにより、インシデント解決までの時間を最大60%短縮

  5. 「報奨金プログラム」開始5週間、ワースト1の業種は「販売/流通」(BSA)

  6. 「組織内部者の不正行為によるインシデント調査」を公表、内部の不正行為は大きな被害をもたらすことが明らかに(IPA)

  7. 組織の担当者だけでなく一般ユーザにも役立つ「情報セキュリティ白書2016」(IPA)

  8. PCのWebカメラで覗き見される脅威は知りつつも、物理的対策は4割に満たず(Avast)

  9. 「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

  10. 「Emdivi」の分析結果の詳細レポートを公開(マクニカネットワークス)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×