【画像】「紛失・盗難対策用アプリ」をスパイアプリとして悪用、5つの対策を紹介(IPA) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.21(火)

「紛失・盗難対策用アプリ」をスパイアプリとして悪用、5つの対策を紹介(IPA) 1枚目の写真・画像

脆弱性と脅威

紛失・盗難対策用アプリが悪用された場合のイメージ
紛失・盗難対策用アプリが悪用された場合のイメージ

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

    8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  2. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  3. 掃除機能搭載ロボット「COCOROBO」に任意の操作を実行されるなどの脆弱性(JVN)

    掃除機能搭載ロボット「COCOROBO」に任意の操作を実行されるなどの脆弱性(JVN)

  4. パケット解析ツール「Packetbeat」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  5. 月例セキュリティ情報を公開、早めの対応を(日本マイクロソフト)

  6. 海外から国内のWebサイトにSQLインジェクション脆弱性検出の動き(JVN)

  7. 「intra-mart」にオープンリダイレクトの脆弱性(JVN)

  8. Microsoft Windows の Secondary Logon サービスにおいて要求ハンドルの取り扱い不備により高い権限で任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  9. セキュリティ質問再設定に誘導する偽Appleメール、新たなリンク先を確認(フィッシング対策協議会)

  10. bitFlyer騙るフィッシングメール、「凍結?休眠」されないよう認証へ誘導(フィッシング対策協議会)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×