【画像】最新脅威レポートから判明した標的型攻撃で狙われやすい業種と職種(シマンテック) (2/5)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.20(日)

最新脅威レポートから判明した標的型攻撃で狙われやすい業種と職種(シマンテック) 2枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

2013年のデータ侵害数は253件、個人情報漏えいは5億5,200万件、大規模データ侵害は8件。全て2012年の数値より増加
2013年のデータ侵害数は253件、個人情報漏えいは5億5,200万件、大規模データ侵害は8件。全て2012年の数値より増加

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. ドキュメンタリー映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」公開、米政府の大規模監視を告発

    ドキュメンタリー映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」公開、米政府の大規模監視を告発

  2. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  3. 国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード)

    国内の主要な個人情報漏えい事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2017」(イード)

  4. 「Censys」の利用方法などを解説した改訂版を公開--テクニカルウォッチ(IPA)

  5. 家庭学習でのパソコン・インターネット利用の課題、「安全性」が9.5%に(eラーニング戦略研究所)

  6. HTTPS移行とクラウドアプリ利用の増加で、脅威やデータの可視性が低下(フォーティネットジャパン)

  7. 法的な通知を装うSMSスパムが韓国で急増--モバイルセキュリティレビュー(Dr.WEB)

  8. 2013年にAPT攻撃の対象となった国、日本は4位に--脅威レポート(ファイア・アイ)

  9. 重要なインシデントにつながる脆弱性に対する早期対策を呼びかけ(ラック)

  10. ランサムウェアへの理解度、日本は世界平均よりやや低い結果に(アクロニス)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×