【画像】アプリケーションの情報漏洩の危険性について認知していない青少年は全体の33%に(総務省) (4/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

アプリケーションの情報漏洩の危険性について認知していない青少年は全体の33%に(総務省) 4枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

青少年のスマートフォンのアプリケーションの利用状況
青少年のスマートフォンのアプリケーションの利用状況

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  2. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  3. 総務省自治体強靱化でインターネット分離市場大幅増、2020年にはさらに倍増予測(ITR)

    総務省自治体強靱化でインターネット分離市場大幅増、2020年にはさらに倍増予測(ITR)

  4. 「現在のバックアップ運用では障害発生で業務に支障」30%--調査レポート(ラネクシー)

  5. クラウドセキュリティの責任所在は認識にズレ--グローバル調査(CA Technologies)

  6. 学校の情報モラルに関する取組みをまとめ掲載、計32の事例を紹介(文部科学省)

  7. 公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

  8. 「モバイルデバイス上の個人情報保護について雇用主を信頼」日本は低い割合(モバイルアイアン)

  9. 大量ログイン試行によるアカウント侵害が過去最大--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  10. 少年非行に関する世論調査、掲示板への犯行予告、誹謗中傷などインターネットを利用したものが増えている印象(内閣府)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×