【画像】準同型暗号の高速化技術を世界で初めて開発(富士通研究所) (3/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.11(月)

準同型暗号の高速化技術を世界で初めて開発(富士通研究所) 3枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

一括暗号化および内積計算による処理時間の高速化
一括暗号化および内積計算による処理時間の高速化

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

    2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  2. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

    EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  3. IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

    IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. 横浜市港湾病院の元医師が患者約1万3千人分の個人情報を持ち出し

  6. 個人・小規模事業者向けの「FFRI yarai」を発売(FFRI)

  7. ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

  8. 学校の自殺予防体制、情報セキュリティ技術活用

  9. 12回目となる重要インフラにおける分野横断的演習、今回は12月13日に開催(NISC)

  10. 陸上自衛隊向け「野外通信システム」の納入を開始、災害対応にも有用(NEC)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×