【画像】準同型暗号の高速化技術を世界で初めて開発(富士通研究所) (1/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.17(木)

準同型暗号の高速化技術を世界で初めて開発(富士通研究所) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

クラウドサービスにおけるプライバシー保護とデータ利活用
クラウドサービスにおけるプライバシー保護とデータ利活用

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

    ここが危ないインターネット クレジットカードの落とし穴

  2. GRC活動支援ソフトの最新版を発売、組織横断的なリスク管理など強化(EMCジャパン)

    GRC活動支援ソフトの最新版を発売、組織横断的なリスク管理など強化(EMCジャパン)

  3. スマートフォンから位置情報の確認が可能なGPS端末「あんしんGPS」を発売、子供や高齢者などに装着しての利用を想定(KDDI、沖縄セルラー)

    スマートフォンから位置情報の確認が可能なGPS端末「あんしんGPS」を発売、子供や高齢者などに装着しての利用を想定(KDDI、沖縄セルラー)

  4. 顔認証技術の開発および企画を推進する組織を設置しグローバルな事業展開を加速(NEC)

  5. 【緊急警告】sadmind/IISの被害急拡大 国内被害件数200以上にSolarisに感染し、IISのwebを攻撃するワームの被害が急激に拡大

  6. Messengerにエンドツーエンドの暗号化機能を実装(Facebook)

  7. 迫る期日と進まない移行……SHA-1の脆弱性放置の危険性

  8. 結婚情報センターの大手結婚紹介「ノッツェ」の顔写真が漏洩

  9. ニンテンドー3DSの本体更新を実施、マジコンの機能を制限する対策も(任天堂)

  10. パスワードスティーラ、オートランがランクのほとんどを占める(マカフィー)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×