【画像】「電気通信サービスの事故発生状況(平成23年度)」を公表、設備要因による事故が約半数を占める(総務省) (4/7)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

「電気通信サービスの事故発生状況(平成23年度)」を公表、設備要因による事故が約半数を占める(総務省) 4枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

重大な事故の内訳(平成22年度のとの比較)
重大な事故の内訳(平成22年度のとの比較)

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 不正なウェブサイトにリダイレクトさせる不正プログラム「Redirect」がもっとも多く検出(IPA)

    不正なウェブサイトにリダイレクトさせる不正プログラム「Redirect」がもっとも多く検出(IPA)

  2. 「逆向誘拐」文 善(ブックレビュー)

    「逆向誘拐」文 善(ブックレビュー)

  3. 「WannaCry」はビジネスを回復不能にする「DeOS型攻撃」の出現を示唆(シスコ)

    「WannaCry」はビジネスを回復不能にする「DeOS型攻撃」の出現を示唆(シスコ)

  4. 女子高校生はケータイ、スマホを平均7時間使用--利用実態調査(デジタルアーツ)

  5. Facebookの“いいね”機能を乗っ取るマルウェアが急増--四半期レポート(マカフィー)

  6. IoT機器への不正アクセスが目的と思われる、MQTTによる探索行為が増加(警察庁)

  7. GDPR施行に向け「準備万端」は10%にとどまる--グローバル調査(ウォッチガード)

  8. 最も多くパスワードに使われた日本人女性の名前

  9. アプリケーションの情報漏洩の危険性について認知していない青少年は全体の33%に(総務省)

  10. ランサムウェア「WannaCry」被害が多く報道されても、パッチ非適用者は増加(フレクセラ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×