【画像】「電気通信サービスの事故発生状況(平成23年度)」を公表、設備要因による事故が約半数を占める(総務省) (1/7)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

「電気通信サービスの事故発生状況(平成23年度)」を公表、設備要因による事故が約半数を占める(総務省) 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

報告の概要(括弧内の数値は、平成22年度)
報告の概要(括弧内の数値は、平成22年度)

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 2016年度の国内SIEM市場は39.8億円、2021年度には66億円規模へ(ITR)

    2016年度の国内SIEM市場は39.8億円、2021年度には66億円規模へ(ITR)

  2. 2012年の情報セキュリティインシデント、ヒューマンエラーにも対策を(JNSA)

    2012年の情報セキュリティインシデント、ヒューマンエラーにも対策を(JNSA)

  3. 職場での私用スマートフォンの利用実態調査の結果を発表、利用アプリ・サービスは「Gmail」「Facebook」「LINE」がトップ3に(MMD研究所)

    職場での私用スマートフォンの利用実態調査の結果を発表、利用アプリ・サービスは「Gmail」「Facebook」「LINE」がトップ3に(MMD研究所)

  4. ネット利用における若年層の倫理観に懸念--IPA意識調査(IPA)

  5. SSL証明書ユーザー満足度調査を公開(イード)

  6. 4歳~6歳児では40%台が情報通信端末を利用(総務省)

  7. 多要素認証にスマホを利用する金融機関が攻撃対象となる可能性を指摘(トーマツ)

  8. 重要ファイルの暗号化が最も進んでいるのは米国、日本は低水準にとどまる(ソフォス)

  9. IoT機器への不正アクセスが目的と思われる、MQTTによる探索行為が増加(警察庁)

  10. 増加し続ける米国のスマートフォンユーザー、1億人を突破(米comScore)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×