【画像】Rubyが日本のプログラミング言語として初のISO/IEC承認(IPA) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.19(日)

Rubyが日本のプログラミング言語として初のISO/IEC承認(IPA) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

Ruby国際規格化の経緯
Ruby国際規格化の経緯

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

    サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  2. 安全なデータの受け渡しを実現する製品に大容量版と廉価版を用意(NTTソフトウェア)

    安全なデータの受け渡しを実現する製品に大容量版と廉価版を用意(NTTソフトウェア)

  3. ゼロデイ攻撃やランサムウェアにも対応するエンドポイント新製品(ソフォス)

    ゼロデイ攻撃やランサムウェアにも対応するエンドポイント新製品(ソフォス)

  4. クラウドストレージサービス「Box」の日本市場における事業戦略発表会を開催(マクニカネットワークス)

  5. SaaS型の脆弱性統合管理支援サービスを提供開始(SCS)

  6. Secure Computing Awardにおいてリーダーズトラスト賞を2つ受賞(ネットワークアソシエイツ)

  7. Facebook、Twitter活用企業向けに英語スパム・悪戯投稿の監視サービス(メタデータ)

  8. 松下電工、2,233名分の顧客情報を記録したMOディスクを紛失

  9. 21 CFR Part 11に準拠するセキュアEメール実例集を発表(米RSA Security)

  10. 次世代ファイアウォールの中規模事業所向け2モデルを発売(キヤノンITS)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×