IoTデバイスの乗っ取りが急増、「root」「admin」の組み合わせは変更を(シマンテック) | ScanNetSecurity
2022.08.12(金)

IoTデバイスの乗っ取りが急増、「root」「admin」の組み合わせは変更を(シマンテック)

シマンテックは、「DDoS 攻撃が広がる IoT デバイス」と題するブログを公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社シマンテックは9月26日、「DDoS 攻撃が広がる IoT デバイス」と題するブログを公開した。IoTデバイスを狙うサイバー攻撃の急増は予想されていたが、現在の攻撃の多くは、IoTデバイスを乗っ取りボットネットに加えようとするものだという。その大半はDDoS攻撃を目的としている。

IoTマルウェアの大半は、PC以外の組み込みデバイスを標的としている。こうしたデバイスはインターネット接続機能を持ちながらも、OSと処理能力の問題から高度なセキュリティ機能を搭載していない。また、ファームウェアの更新がなかったり、所有者が更新を忘れているケースも多く、侵害や感染があっても気づきにくいという特性もある。

同社が設置したIoTハニーポットへの攻撃を分析したところ、攻撃元は中国(34%)、米国(26%)、ロシア(9%)、ドイツ(6%)、オランダ、ウクライナ(5%)であった。ただしIPアドレスベースのため、必ずしもこれらの国が攻撃元とは限らない。また、よく使用されるログオンIDとパスワードも判明している。トップはデフォルト設定に多い「root」と「admin」の組み合わせで、Ubiquitiのログイン情報(ID「ubnt」、パスワード「ubnt」)も、そのまま使われていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×