IPA、組込み/IoT産業の動向把握等に関する調査結果を分析した2編の報告書を公開 | ScanNetSecurity
2022.12.01(木)

IPA、組込み/IoT産業の動向把握等に関する調査結果を分析した2編の報告書を公開

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月3日、「2021年度組込み/IoT産業の動向把握等に関する調査」の調査結果を分析した2編の報告書「DXの取り組みに関する調査分析報告書」「技術動向に関する調査分析報告書」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は10月3日、「2021年度組込み/IoT産業の動向把握等に関する調査」の調査結果を分析した2編の報告書「DXの取り組みに関する調査分析報告書」「技術動向に関する調査分析報告書」を公開した。

  IPAでは、組込み/IoT産業の構造転換と人材の能力向上等の実態と最新動向を把握し、産業の競争力強化と持続的発展のために、組込み/IoTに関するアンケート調査を実施しており、5月10日に調査結果を公開していた。

 「DXの取り組みに関する調査分析報告書」では、DXによる事業への影響が「非常に大きい」「大きい」と回答したのは、2019年度は 35%であったが、2021年度は63%と大幅に増加していることが判明した。DXの取り組みについては、2019年度は「非常に活発」「活発」が17%だったところ2021年度は40%へ増加しているが、DXの影響と比較すると取り組みの増加傾向は小さいと指摘している。

 その他、「DXの取り組みに関する調査分析報告書」では、「DXと会社規模」「DXに取り組む会社とそうでない会社」、「DXで取り組む施策と組織の方向性」、「DXに取り組む会社の典型鉄器な特徴」について分析を行っている。

 「技術動向に関する調査分析報告書」によると、クラウドの利用について、2018年度が30%強だったのが、2021年度には55%まで上昇し、増加が見られることを挙げ、組込み/IoT産業へのクラウドの波の到来を推測している。同様にIotシステム構築技術についても2017年度が17%であったが、2021年度には38%まで増加していることを挙げ、IoT システムの波の到来も推測している。

 減少傾向にあるものとして、2018年度は70%であった専用ハードウェアが、2021年度は44%まで減少していることを挙げ、組込み/IoT 産業においても専用ハードウェアから汎用ハードウェアへの波の到来を推測している。

 その他、「技術動向に関する調査分析報告書」では、「開発スタイルの動向」「重要技術の動向」、「製造現場の動向」、「SIerとメーカーの技術動向」について分析を行っている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×