WPADに関するDNSクエリがインターネット上のDNSサーバに送られる状況を確認(JVN) | ScanNetSecurity
2021.09.27(月)

WPADに関するDNSクエリがインターネット上のDNSサーバに送られる状況を確認(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、社内ネットワーク上のシステムにプロキシ設定を配布するためのプロトコル「WPAD」に関するDNSクエリが社内ネットワークで解決されず、インターネット上のネームサーバに送られる状況が観測されていると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月24日、社内ネットワーク上のシステムにプロキシ設定を配布するためのプロトコル「Web Proxy Auto-Discovery(WPAD)」に関するDNSクエリが社内ネットワークで解決されず、インターネット上のネームサーバに送られる状況が観測されていると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

新gTLDプログラムが開始され、新たなgTLDが新設されていることから、WPADに関するDNSクエリが外部に漏れることで、名前衝突の問題が発生する可能性がある。この際に、第三者によって中間者攻撃(Man-In-The-Middle attack)が行われる可能性がある。この問題は、Windows、OS X、Linux システム、WPAD対応が有効になっているWebブラウザが影響を受ける。US-CERTでは、社内ネットワークでWPAD機能を使用しない場合、デバイス設定時にWPADを無効にするなどの対策方法を紹介している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×