WPADに関するDNSクエリがインターネット上のDNSサーバに送られる状況を確認(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

WPADに関するDNSクエリがインターネット上のDNSサーバに送られる状況を確認(JVN)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月24日、社内ネットワーク上のシステムにプロキシ設定を配布するためのプロトコル「Web Proxy Auto-Discovery(WPAD)」に関するDNSクエリが社内ネットワークで解決されず、インターネット上のネームサーバに送られる状況が観測されていると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

新gTLDプログラムが開始され、新たなgTLDが新設されていることから、WPADに関するDNSクエリが外部に漏れることで、名前衝突の問題が発生する可能性がある。この際に、第三者によって中間者攻撃(Man-In-The-Middle attack)が行われる可能性がある。この問題は、Windows、OS X、Linux システム、WPAD対応が有効になっているWebブラウザが影響を受ける。US-CERTでは、社内ネットワークでWPAD機能を使用しない場合、デバイス設定時にWPADを無効にするなどの対策方法を紹介している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×