Windowsストアで「Darkest Dungeon」の詐欺アプリが販売、ユーザーに注意喚起 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

Windowsストアで「Darkest Dungeon」の詐欺アプリが販売、ユーザーに注意喚起

脆弱性と脅威 脅威動向

先日、特集記事でプレイレポをお伝えしたローグライクRPG『Darkest Dungeon』。ストレスを取り入れた独特なゲームプレイが好評を博し、Steamでも売り上げ上位にランクインするほどヒットしている本作ですが、デベロッパーRed Hook Studiosの関与していないWindows 8.1版がWindowsストアにて販売されている事が明らかとなりました。

Red Hook Studiosの共同社長であり『Darkest Dungeon』のデザイナーでもあるTyler Sigman氏は、現時点で同作はSteamとHumble Storeでしか販売されておらず、Windowsストアで販売されているのは詐欺アプリだと説明。ユーザーに注意を喚起しています。

If anyone has a contact at Windows Game Store, please share. Somebody is scamming DD by selling it (illegally) on there. ― Red Hook Tyler (@tylersigman) 2015, 2月 22
On a related note, if you didn't buy Darkest Dungeon on Steam or Humble Store right now, you got scammed. ― Red Hook Tyler (@tylersigman) 2015, 2月 22
Windowsストアで販売されている偽『Darkest Dungeon』は価格が400円(本物は1,980円)、容量が2MB、説明文が片言と非常に怪しく、掲載されているスクリーンショットに至っては右下にWindowsのアクティベートを促すメッセージが映り込んでしまっている始末。

また、公開元として記載されているBalaji Chowdaryなる人物は本作以外にも『Farming Simulator 2015』や『Euro Truck Simulator 2』、『Lego Batman 3: Beyond Gotham』など、有名タイトルを騙ったアプリを多数販売しています。


Polygonによれば、Red Hook Studiosは現在Microsoftと協力し、問題に対処しているとの事ですが、記事執筆時点で製品ページはまだ存在。ユーザーが誤って購入しないよう早急な対応が求められます。

Windowsストアで『Darkest Dungeon』を騙る偽アプリが販売―開発者がユーザーに注意喚起

《RIKUSYO》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  3. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  4. 複数のTLS実装に、暗号化通信データを解読される脆弱性(JVN)

  5. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  6. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  7. Microsoft .NET Framework における WSDL パーサでの値検証不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  8. AIや機械学習による自動化がさまざまなサイバー攻撃に活用、2018年予想(フォーティネット)

  9. 脆弱性体験学習ツール「AppGoat」の集合教育向け手引書と解説資料を公開(IPA)

  10. サポート終了のモバイルルータ「PWR-Q200」に脆弱性、使用中止を呼びかけ(JVN)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×