Amazon Androidアプリストアで広告系の偽アプリが公開(シマンテック) | ScanNetSecurity
2024.07.15(月)

Amazon Androidアプリストアで広告系の偽アプリが公開(シマンテック)

シマンテックは、悪質なミスリーディングアプリがAmazon Androidアプリストアで公開されていたと同社ブログで発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社シマンテックは7月3日、悪質なミスリーディングアプリがAmazon Androidアプリストアで公開されていたと同社ブログで発表した。これは、同社の自動システムによって検出されたもの。このアプリは「Password Wifi Hacker Plus」という名前で、付近のWi-Fiネットワークのパスワードをクラックできると謳っているが、実際にはそのように動作すると見せかけて、偽のダイアログボックスを表示するだけである。

しかも、このアプリには6種類のネットワーク広告コンポーネントもバンドルされており、その一部はきわめて攻撃的なものとなっている。これらの広告コンポーネントは、ユーザの所在地などの情報を漏えいするほか、通知パネルに広告を表示し、ホーム画面にアイコンを作成する。また、ブックマークを追加して頻繁にポップアップ広告を表示する。なお、Amazonアプリストアにこのアプリが公開されていることは、すでに同社からAmazon社に対して通知済みだという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×