「サイバー道場演習システム」内で実施するサイバー攻撃への対処訓練(セコムトラストシステムズ) | ScanNetSecurity
2020.05.26(火)

「サイバー道場演習システム」内で実施するサイバー攻撃への対処訓練(セコムトラストシステムズ)

セコムトラストシステムズは、サイバー攻撃に対処するための要員訓練を行う「サイバー道場」を開設する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
セコムトラストシステムズ株式会社は1月14日、サイバー攻撃に対処するための要員訓練を行う「サイバー道場」を開設すると発表した。「サイバー道場」は原則として毎週、都内にあるセコムの研修センターで開講し、サイバー空間における「攻撃」や「受け身」の実践的な訓練カリキュラムにより、各企業が直面しているサイバー攻撃の脅威から身を守る術を教育・伝授するもの。研修期間は2日間で、料金は8万円から。

演習プログラムは、攻撃者の立場で遠隔操作ウイルスによるPC乗っ取りを体験する「道場入門 基本プログラム」、攻撃を受ける側の立場で標的型メール攻撃や水飲み場攻撃、MTTB攻撃などを体験し、有効な対処法を学ぶ「サイバー攻撃 対処プログラム」、感染PCからデジタルフォレンジックの手法によりウイルスを発見する「実態調査(デジタルフォレンジック)対処プログラム」により構成される。初年度は、延べ600名の受講者育成を目指すとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×