不正アプリによるスマートフォンマルウェア感染対策に「5つのヒント」(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.17(木)

不正アプリによるスマートフォンマルウェア感染対策に「5つのヒント」(マカフィー)

脆弱性と脅威 脅威動向

マカフィー株式会社は12月6日、スマートフォンユーザ向けに「不正なアプリケーションのダウンロードを防ぐ最も有効な5つのヒント」を発表した。これは、スマートフォンを狙うモバイルマルウェアの脅威は大幅に拡大しており、サイバー犯罪者によって改変された悪質なアプリケーションを使用する手法が一般化していることを受けて発表したもの。5つのヒントは以下の通り。

・マルウェアを知る:現在はまだ少数であるものの、スマートフォンを狙うマルウェアの存在を知ることが、自分自身とデータを守る第一歩となる。

・評価を確認する:アプリとその提供者の情報を十分に調べ、評価を確認する。より安心なのは、マーケットで幅広く使われているアプリや、友人や同僚から勧められたアプリをインストールすること。

・信頼できる購入先を利用する:Androidマーケットなど、信頼できる有名なアプリストアから購入する。なお、デバイスのアプリの設定メニューの「提供元不明のアプリ」オプションの選択を解除することで、Androidマーケット以外で提供されているアプリのインストールを防ぐことができる。

・アクセス許可リストを確認する:アプリをインストールする際、連絡先、カメラ、位置情報など、デバイスのハードウェア、ソフトウェアコンポーネントへのアクセスが認められたサービスの許可リストが表示される。許可画面に疑わしい表示があった場合には、そのアプリケーションをインストールしない。

・ウイルス対策ソフトを導入する:スマートフォンにウイルス対策ソフトをインストールする。特に、新しいスマートフォンには他のアプリケーションを追加する前に、ウイルス対策ソフトをインストールすることが望ましい。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 中国の「APT10」、日本の官公庁や製造業、メディアなどを狙う攻撃が活発化(ファイア・アイ)

    中国の「APT10」、日本の官公庁や製造業、メディアなどを狙う攻撃が活発化(ファイア・アイ)

  2. 改ざんやDDoS攻撃などWebサイトの被害が増加、サイトの点検を呼びかけ(JPCERT/CC)

    改ざんやDDoS攻撃などWebサイトの被害が増加、サイトの点検を呼びかけ(JPCERT/CC)

  3. バッファロー製の無線LAN製品に複数の脆弱性(JVN)

    バッファロー製の無線LAN製品に複数の脆弱性(JVN)

  4. OSPFプロトコルを実装する複数の製品に、DoS攻撃を受けるなどの脆弱性(JVN)

  5. Apache Struts 2 において Struts 1 由来のプラグインでの値検証不備により任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 組込みソフト搭載の専用機器からSSHへのパケットが増加--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  7. WindowsのLNKにリモートから任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  8. バッファロー製の無線LANルータに、任意のコードを実行される脆弱性(JVN)

  9. 「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

  10. 海外製デジタルビデオレコーダへのアクセスが増加、脆弱性悪用のおそれ(警察庁)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×