「ヤマハルーターシリーズ」にDoS攻撃を受ける脆弱性(IPA) | ScanNetSecurity
2021.10.19(火)

「ヤマハルーターシリーズ」にDoS攻撃を受ける脆弱性(IPA)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月11日、ヤマハ株式会社が提供するルータ製品「ヤマハルーターシリーズ」にサービス運用妨害(DoS)状態となる脆弱性が確認されたと発表した。同シリーズ製品にはIPパケットの処理に問題があり、この問題が悪用されるとリモートの

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4月11日、ヤマハ株式会社が提供するルータ製品「ヤマハルーターシリーズ」にサービス運用妨害(DoS)状態となる脆弱性が確認されたと発表した。同シリーズ製品にはIPパケットの処理に問題があり、この問題が悪用されるとリモートの攻撃者に細工されたIPパケットを送られることでDoS状態になり、ルータを停止または再起動される可能性がある。

ヤマハでは本脆弱性を解消する修正済みファームウェアを提供しており、ユーザに対しファームウェアを更新するよう呼びかけている。なお、本脆弱性は株式会社フォティーンフォティ技術研究所により2009年11月13日に報告されたもの。
(吉澤亨史)

http://www.ipa.go.jp/about/press/20110411.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×