「SiteGuard」を活用したGumblar対策の情報提供を開始(ジェイピー・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

「SiteGuard」を活用したGumblar対策の情報提供を開始(ジェイピー・セキュア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ジェイピー・セキュアは2月1日、シグネチャ方式(ブラックリスト方式)のWebアプリケーション・ファイアウォール(WAF)「SiteGuard」を活用した、「Gumblar(ガンブラー)」対策の情報提供を開始したと発表した。WAFはSQLインジェクションをはじめとする、Webアプリケーションに対するリクエストデータを悪用する攻撃を防御するツールとして主に利用されている。

「SiteGuard」は、リクエストデータだけでなくレスポンスデータも検査することができるため、レスポンス検査を実施することによりWebサイトにアクセスしたユーザが悪意あるサイトに誘導されることを未然に防ぐことが可能となる。これは同時に、GumblarによってWebページが改ざんされた事実を検知する効果もある。「SiteGuard」利用ユーザは、レスポンス検査によって検出された定義情報をサポートサービスの一貫として無償で利用できる。

http://www.jp-secure.com/cont/news/2010/100201.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×