ロリポップ!レンタルサーバーへの攻撃はSQLインジェクションが最多(JP-Secure) | ScanNetSecurity
2022.05.20(金)

ロリポップ!レンタルサーバーへの攻撃はSQLインジェクションが最多(JP-Secure)

JP-Secureは、同社JP-Secure Labsによる「JP-Secure Labs Report Vol.04」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は2月26日、同社JP-Secure Labsによる「JP-Secure Labs Report Vol.04」を発表した。同レポートでは、サービスパートナーの協力のもと、対象サービスで集計期間中に確認された攻撃・検出の分類に加えて、脅威動向やインシデントの事例などについて取り上げたもの。

「ロリポップ!レンタルサーバー」(ユーザ数:40万超)で検出した攻撃の総数は、2019年年間で278,987,649件となり、1日あたりの検出数は約76万件であった。同レポートのVol.01では50万件、02では65万件、03では75万件となっており、引き続き増加傾向にある。

攻撃種別では「SQLインジェクション」が47%とほぼ半数を占め、「クロスサイトスクリプティング」が19%、「OSコマンドインジェクション」が11%でこれに続いた。「その他の攻撃」は18%を占めるが、この内訳を見ると「WordPressの設定ファイル(wp-config.php)の読み取り」を試みる攻撃が47%を占めていた。

攻撃に使用された接続元IPアドレス(国別)では、米国(19%)、チェコ(13%)、日本(11%)、中国(10%)、ロシア(8%)の順で多かった。WordPressを対象とした攻撃は前回、前々回のレポートと同様に多く検出されており、全体の34%を占めた。攻撃の種別はSQLインジェクションが43%でもっとも多く、WordPress設定ファイルの読み取り(25%)、クロスサイトスクリプティング(12%)と続いた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×