サーバへの攻撃が増加、WordPressへの攻撃も2018年12月に急増(JP-Secure) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.27(水)

サーバへの攻撃が増加、WordPressへの攻撃も2018年12月に急増(JP-Secure)

JP-Secureは、同社JP-Secure Labsによる「JP-Secure Labs Report Vol.03」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社ジェイピー・セキュア(JP-Secure)は3月13日、同社JP-Secure Labsによる「JP-Secure Labs Report Vol.03」を発表した。同レポートでは、サービスパートナーの協力のもと、対象サービスで集計期間中に確認された攻撃・検出の分類に加えて、脅威動向やインシデントの事例などについて取り上げたもの。

「ロリポップ!レンタルサーバー」(ユーザ数:40万超)で検出した攻撃の総数は、6カ月間で137,527,354件となり、1日あたりの検出数は約75万件であった。同レポートのVol.01では50万件、02では65万件となっており、増加傾向にある。攻撃種別では「SQLインジェクション」が56%と過半数を占め、「クロスサイトスクリプティング」が19%でこれに続いた。「その他の攻撃」は12%を占めるが、この内訳を見ると「WordPressの設定ファイル(wp-config.php)の読み取り」を試みる攻撃が66%を占めていた。

攻撃に使用された接続元IPアドレス(国別)では、中国(17%)、ロシア(16%)、米国(14%)、日本(13%)の順で多かった。WordPressを対象とした攻撃は前回、前々回のレポートと同様に多く検出されており、全体の37%を占めた。攻撃の種別はSQLインジェクションが46%でもっとも多かった。WordPress設定ファイルの読み取りの検出については、2018年12月に多数の検出があり、2018年の検出の半数以上が12月に集中していた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×