千寿製薬、医療関係者を含む個人情報がインターネット上に流出 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

千寿製薬、医療関係者を含む個人情報がインターネット上に流出

千寿製薬株式会社は5月11日、医療関係者を含む個人情報が一部「Winny」を介してインターネット上に流出していることが発覚したと発表した。流出したデータには、業務関連情報として医療関係者24名の氏名、施設名、施設住所、自宅住所、および取引先企業関係者4名の氏名、

製品・サービス・業界動向 業界動向
千寿製薬株式会社は5月11日、医療関係者を含む個人情報が一部「Winny」を介してインターネット上に流出していることが発覚したと発表した。流出したデータには、業務関連情報として医療関係者24名の氏名、施設名、施設住所、自宅住所、および取引先企業関係者4名の氏名、会社名および会社住所などが含まれており、また従業員関連情報として社員25名(退職者3名を含む)の給与・賞与データ、および退職者を含む社員1,315名の氏名および連絡先など(氏名(カタカナ)、住所、納税額、金融機関のコード番号など)が含まれていた。

原因は、同社社員が同社サーバ内に保管されている一部データを、社内規定で禁止されているインターネットメールを使用し、自宅にある個人所有のPCに転送したため。このPCがウイルス感染しており、インストールされていた「Winny」により、ハードディスク内のデータがネットワーク上に流出した。

千寿製薬:「Winny」を介した個人情報の一部流出について
http://www.senju.co.jp/japan/newproduct/pdf/20070511.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×