最新ディストリビューション対応のLinuxサーバ用ウイルス対策製品を発売(HDE) | ScanNetSecurity
2020.11.26(木)

最新ディストリビューション対応のLinuxサーバ用ウイルス対策製品を発売(HDE)

 株式会社HDEは7月25日、最新のLinuxディストリビューション及び仮想化環境に対応したウイルス対策ソフトウェア「HDE Anti-Virus 5」シリーズを発売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社HDEは7月25日、最新のLinuxディストリビューション及び仮想化環境に対応したウイルス対策ソフトウェア「HDE Anti-Virus 5」シリーズを発売すると発表した。

 同製品は、同社のLinuxサーバ管理ソフトウェア「HDE Controller」とインターフェースが統合できるLinuxサーバ用ウイルス対策製品。今回のバージョン5は、1月に販売を開始した「HDE Controller 5」との統合に対応したほか、最新ディストリビューションの「Red Hat Enterprise Linux 5(Intel x86/Intel EM64T)」と「CentOS 5(Intel x86/Intel EM64T)」に対応。さらに、VMware社の仮想化環境「VMware ESX Server/VMware Server」上での動作確認などを行っている。

 発売日と価格は、HDE Anti-Virus 5 Realtime Scanが8月8日、92,400円(税込み)、同SMTP Gatewayが10月9日、63,000円(税込み)(15ユーザー版)〜、同for Serverが10月9日、52,500円(税込み)、同for Gatewayが今秋発売、78,750円(税込み)(15ユーザー版)〜。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200807250
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×