最新ディストリビューション対応のLinuxサーバ用ウイルス対策製品を発売(HDE) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

最新ディストリビューション対応のLinuxサーバ用ウイルス対策製品を発売(HDE)

 株式会社HDEは7月25日、最新のLinuxディストリビューション及び仮想化環境に対応したウイルス対策ソフトウェア「HDE Anti-Virus 5」シリーズを発売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社HDEは7月25日、最新のLinuxディストリビューション及び仮想化環境に対応したウイルス対策ソフトウェア「HDE Anti-Virus 5」シリーズを発売すると発表した。

 同製品は、同社のLinuxサーバ管理ソフトウェア「HDE Controller」とインターフェースが統合できるLinuxサーバ用ウイルス対策製品。今回のバージョン5は、1月に販売を開始した「HDE Controller 5」との統合に対応したほか、最新ディストリビューションの「Red Hat Enterprise Linux 5(Intel x86/Intel EM64T)」と「CentOS 5(Intel x86/Intel EM64T)」に対応。さらに、VMware社の仮想化環境「VMware ESX Server/VMware Server」上での動作確認などを行っている。

 発売日と価格は、HDE Anti-Virus 5 Realtime Scanが8月8日、92,400円(税込み)、同SMTP Gatewayが10月9日、63,000円(税込み)(15ユーザー版)〜、同for Serverが10月9日、52,500円(税込み)、同for Gatewayが今秋発売、78,750円(税込み)(15ユーザー版)〜。

http://www.hde.co.jp/press/pressrelease/release.php?rd=200807250
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×