情報漏洩防止システム「HG/WEB Defender」の運用支援ツールを発売(ハイパーギア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

情報漏洩防止システム「HG/WEB Defender」の運用支援ツールを発売(ハイパーギア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ハイパーギアは5月8日、Internet Explorer 6.0/7.0に対応し、画面キャプチャーの防止、印刷の制限などを行える情報漏洩防止システム「HG/WEB Defender」を簡単に運用できる、ソフトウエアフィルターサーバ「HG/WEB Defender VFS」を発表した。発売は5月下旬。

HG/WEB Defenderは、従来のWebシステムでは不可能だった、Web画面のキャプチャーの防止、印刷制限などを行える情報漏洩対策ツール。ActiveX用のObjectタグを埋め込むだけで制御ができ、静的なHTMLページだけでなく、ASP、JSP、CGI、PHPなどで生成されたページも保護できるのが特長。

今回発売するHG/WEB Defender VFSは、このHG/WEB Defenderで保護したいWebページのデータをフィルタリングし、Objectタグ自動埋め込みや、Webシステムのユーザー認証、SSL暗号化を1サーバで行えるようにしたオプション製品。Apacheの拡張モジュールとして実装し、Proxyサーバとして動作するため、元のサーバには手を加える必要が無く、導入・設定も簡易。一般的なApacheサーバ環境であればすぐに高度な情報漏洩対策を実現できる。

対応OSはWindows Server 2003 SP1/Red Hat Linux Ver.3。Apache2.2 mod_proxyモジュール、mod_filterモジュール対応。価格は、1サーバ当たり207,900円。保守料金は1サーバ/年間で41,580円。

http://www.hypergear.com/mt/main/archives/2008/05/post_23.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×