秘密分散法ライブラリーを大幅に機能強化、最新版3.0として発売(トラステッドソリューションズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

秘密分散法ライブラリーを大幅に機能強化、最新版3.0として発売(トラステッドソリューションズ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

トラステッドソリューションズ株式会社(は10月2日、同社の秘密分散法ライブラリーをさらに高速化させ機能強化した「新秘密分散法ライブラリーVer3.0」の販売を開始した。

秘密分散法は、一般的に利用されている鍵暗号方式と違い、データを暗号化しながら複数に分割保存するデータ保護技術。暗号分散された情報の一片が持ち出されても実質上解読することができないため、秘匿性の高い情報漏洩対策を実現できるのが特長。最新版3.0では、復元処理において25%の処理効率アップを実現したほか、タイムスタンプやファイル属性の記録・復元(Windows版)、ディレクトリーを一元的に処理するディレクトリー分散対応が可能となっている。

また、従来はファイルベースでの入出力が前提だったのが、今バージョンではストリームベースに変更されたため、入出力先デバイスを問わない処理が可能。これにより、通信データをダイレクトに分散・復元したり、分散データのダイレクトなテープへの書き込み・復元などができるようになった。さらに、上級APIを利用することで、分散データへの独自情報の追加、独自のデータフォーマット内への分散データ埋め込み、復元検証に使用するハッシュ値の選択、時間のかかる分散・復元処理の進捗表示及び中断などが可能となっている。

http://trusted-solutions.jp/newsevent/news/20071002001jp.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×