セキュリティサービス「IP制限サービス」を個人ユーザーにも提供(イーバンク銀行) | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

セキュリティサービス「IP制限サービス」を個人ユーザーにも提供(イーバンク銀行)

イーバンク銀行株式会社は、ユーザが利用しているプロバイダ以外からの取引を制限することができるセキュリティサービス「IP制限サービス」の個人口座向け提供を開始した。同サービスは、ユーザが普段利用するインターネットプロバイダ(IPアドレス)を登録することで、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
イーバンク銀行株式会社は、ユーザが利用しているプロバイダ以外からの取引を制限することができるセキュリティサービス「IP制限サービス」の個人口座向け提供を開始した。同サービスは、ユーザが普段利用するインターネットプロバイダ(IPアドレス)を登録することで、それ以外のプロバイダからのアクセスを制限するもの。支払やメルマネなどの資金移動をともなう取引等、暗証番号の入力を必要とする取引を全て制限することが可能なため、万一、フィッシングなどの犯罪によりログインパスワードや暗証番号が盗まれても、登録プロバイダ以外からの不正利用を防止することが可能。登録できるIPアドレスは最大5種類。また同時に、クイックログイン登録を行った携帯電話からのみ同バングへログインできる「モバイルアクセス制限」サービスも開始した。携帯電話を使わない場合は携帯電話全てからのログインを制限できる。両サービスとも利用無料。

http://www.ebank.co.jp/kojin/news/important/information_056.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×