データベース・セキュリティ管理ソフトの最新版「IPLocks v4.3」を発売(アイピーロックス ジャパン) | ScanNetSecurity
2022.12.05(月)

データベース・セキュリティ管理ソフトの最新版「IPLocks v4.3」を発売(アイピーロックス ジャパン)

 アイピーロックス ジャパン株式会社は、データベース・セキュリティ管理ソフトウェアの最新バージョン「IPLocks v4.3」を発表した。IPLocksは、データベースの正常性(データ内容、構造、アクセス権)とアクセスの正常性を監視するデータベース・セキュリティ・ソリュ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 アイピーロックス ジャパン株式会社は、データベース・セキュリティ管理ソフトウェアの最新バージョン「IPLocks v4.3」を発表した。IPLocksは、データベースの正常性(データ内容、構造、アクセス権)とアクセスの正常性を監視するデータベース・セキュリティ・ソリューション。最新版では、スレッドコントロールを改善することでシステムに与える負荷を軽減し、IPLocksサーバ(32ビット版)のパフォーマンスを向上。また、設定された監視ルールが、操作ミスや悪意の第三者により意図しない変更が行われた場合、その変更内容を検知してセキュリティ監視担当者へ直ちに通知する機能を搭載。厳格なアクセスの監視と監査データの正確な蓄積を行えるように改良された。この他にも、IBM製品のDB2/UDBへのサポートが強化されている。1月31日より出荷開始。

http://www.iplocks.co.jp//press/20050121.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×