セキュリティホール情報<2003/07/03> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.24(日)

セキュリティホール情報<2003/07/03>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

──────────────────────────────〔Info〕──
セ┃キ┃ュ┃リ┃テ┃ィ┃ゲ┃ー┃ト┃ウ┃ェ┃イ┃が┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
●「FortiGate」シリーズ発売   破┃格┃で┃導┃入┃で┃き┃る┃!┃
  今なら165,900が99,800に!!━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
詳細⇒ https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?ftg01_sdx

※ 下記の情報は、SCAN シリーズの「Scan Daily EXpress」の見出しを転載したものです
───────────────────────────────────


<プラットフォーム共通>
▽ Acrobat Reader
 Adobe Acrobat Readerのバージョン5.0.7は、WWWLaunchNetscape機能が原因でバッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にターゲットユーザのシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。

▽ Abyss Web Server
 Abyss Web Serverのバージョン1.1.4、1.1.2およびそれ以前は、複数のセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に不正なHTTPヘッダを作成されクロスサイトスクリプティングを実行されたり、システム上で任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]

▽ IRC
 複数のベンダーのIRC(Internet Relay Chat)は、フォーマットストリング攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にシステム上で任意のコードを実行される可能性がある。[更新]

▽ CuteNews
 CuteNewsのバージョン1.xは、クロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。リモートの攻撃者は、開いたとたんに実行される悪意あるスクリプトを含んだHTMLエレメントを作成することで、クッキーベースの認証資格証明を奪取される可能性がある。 [更新]


<その他の製品>
▽ CyberStrong eShop
 Windows用ソフトであるCyberStrong eShopのバージョン4.2は、SQLインジェクション攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、機密性の高い情報を奪取される可能性がある。

▽ PinkNet Web Server
 Windows用ソフトであるPinkNet Web Serverのバージョン2.0.2は、ディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にルート権限であらゆるファイルを閲覧される可能性がある。

▽ file
 fileにバッファオーバーフローの脆弱性が発見された。この問題を利用することにより、ローカルの攻撃者が任意のコードを実行することが可能となる。 [更新]


<Microsoft>
▽ Windows 2000 Server
 Windows 2000 ServerのActive Directoryは、LDAPを適切に処理していないことが原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にスタックオーバーフローを引き起こされ、認証を回避されたりサーバの再起動を余儀なくされる可能性がある。

▽ NetMeeting
 Windows NetMeetingのバージョン3.xは、ユーザの入力を適切に処理していないことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にファイルを上書きされる可能性がある。

▽ Microsoft Jet OLE DB
 Microsoft SQL Server 7.0および2000、MSDE(Microsoft Desktop Engine)1.0および2000は、Microsoft Jet OLE DB Providerが原因で未知のセキュリティホールが存在する。

▽ Windows
 Windows 2000 ServerおよびNT 4.0 Serverは、ISAPI拡張"nsiislog.dll"がインプットを適切に処理していないことが原因でDoS攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、IISを応答不能にできる可能性がある。


<その他の製品>
▽ CyberStrong eShop
 Windows用ソフトであるCyberStrong eShopのバージョン4.2は、SQLインジェクション攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、機密性の高い情報を奪取される可能性がある。

▽ PinkNet Web Server
 Windows用ソフトであるPinkNet Web Serverのバージョン2.0.2は、ディレクトリトラバーサルを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者にルート権限であらゆるファイルを閲覧される可能性がある。


<UNIX共通>
▽ Cache Database
 Cache Databaseのバージョン5.xは、不安定なパーミッション設定を行うことが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にルート権限でアクセスされる可能性がある。

▽ eXtremail
 eXtremailのバージョン1.xは、フォーマットストリングのセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者に任意のコードを実行される可能性がある。

▽ Mantis
 Mantisは、データベースパスワードを適切でないパーミッションでコンフィギュレーションファイルにストアすることが原因でセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者に無許可のアクセスを実行される可能性がある。 [更新]

▽ XGalaga
 XGalagaは細工(非常に長い)されたHOME環境変数を適切にチェックしていないことが原因で、バッファオーバフローの問題が存在する。攻撃者にこのセキュリティホールを悪用された場合、ローカルから権限を昇格される可能性がある。 [更新]

▽ acm
 acmはRPCの実装上の原因により、整数オーバーフローの問題が存在する。攻撃者にこのセキュリティホールを悪用された場合、リモートから任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]

▽ xterm
 XFree86 の xterm は細工された文字列を適切にチェックしていないため、複数のセキュリティホールが存在する。攻撃者にこれらのセキュリティホールを悪用された場合、ローカルから DoS 攻撃を受けたり任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]


<SunOS/Solaris>
▽ LDAP Name Service
 LDAP Name Service は nss_ldap.so.1 が原因で、バッファオーバーフローの問題が存在する。攻撃者にこのセキュリティホールを悪用された場合、ローカルから権限を昇格される可能性がある。 [更新]


<Linux共通>
▽ PHP
 Red Hat Linuxのバージョン8.0および9に含まれるPHPは、クロスサイトスクリプティングを実行されるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、攻撃者に機密性の高い情報を奪取される可能性がある。

▽ Gnocatan Server
 Gnocatan Serverのバージョン0.6.1は、バッファオーバーフローを引き起こされるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、リモートの攻撃者にDoS攻撃を受ける可能性がある。

▽ unzip
 Red Hat Linuxに含まれるunzipパッケージは、ファイルを上書きされるセキュリティホールが存在する。攻撃者はプリントが不可能な文字列を使用することでフィルターをバイパスし、ファイルを上書きできる可能性がある。 [更新]

▽ GTKSee
 GTKSeeは細工された PNG 形式のファイルを適切にチェックしていなことが原因で、バッファオーバーフローの問題が存在する。攻撃者にこのセキュリティホールを悪用された場合、ローカルから任意のコードを実行される可能性がある。 [更新]

▽ ImageMagick
 ImageMagickのライブラリであるlibmagickは適切にテンポラリファイルを作成していないことが原因で、シンボリックリンク攻撃の問題が存在する。攻撃者にこのセキュリティホールを悪用された場合、ローカルから任意のファイルを上書きされる可能性がある。 [更新]

▽ Vmware Workstation
 Vmware Workstationのバージョン4.0は、ファイルを適切に扱っていないことが原因でシムリンク攻撃を受けるセキュリティホールが存在する。この問題が悪用されると、ローカルの攻撃者にファイルを上書きされたり権限を昇格される可能性がある。 [更新]

▽ fileutils
 fileutilsにレースコンディションの脆弱性が発見された。この問題を利用することにより、ローカルの攻撃者がファイルやディレクトリを削除することが可能となる。 [更新]


<リリース情報>
▽ Linux kernel 2.5.74
 Linux kernel 2.5.74がリリースされた。
 http://www.kernel.org/

▽ Postfix 2.0.13
 Postfix 2.0.13がリリースされた。
 http://www.postfix.org/


<セキュリティトピックス>
▽ サポート情報
 トレンドマイクロのサポート情報がアップされている。
 2003/07/03 更新
 http://www.trendmicro.co.jp/esolution/newsolution.asp

▽ サポート情報
 日本ネットワークアソシエイツ、ここ一週間のあいだに更新(あるいは新掲載)されたQ & A
 2003/07/02 更新
 http://www.nai.com/japan/pqa/pqa_newqa.asp

▽ トピックス
 @police、脆弱性情報を更新
 http://www.cyberpolice.go.jp/weak/server/index.html

▽ トピックス
 日本ネットワークセキュリティ協会、Challenge PKI 2002報告書「電子政府情報セキュリティ相互運用支援技術の開発 」IPA(情報処理振興事業協会)より「PKI相互運用テストスィート」を公開
 http://www.ipa.go.jp/security/fy13/report/pki_interop/pki_interop.html

▽ トピックス
 経済産業省、セキュリティ甲子園の開催について
 http://www.meti.go.jp/kohosys/press/?04041951

▽ トピックス
 総務省、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律
 http://www.soumu.go.jp/gyoukan/kanri/030307_1.html

▽ トピックス
 総務省、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律
 http://www.soumu.go.jp/gyoukan/kanri/030307_2.html

▽ トピックス
 総務省、情報公開・個人情報保護審査会設置法
 http://www.soumu.go.jp/gyoukan/kanri/030307_3.html

▽ トピックス
 総務省、行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律
 http://www.soumu.go.jp/gyoukan/kanri/030307_4.html

▽ ウイルス情報
 シマンテック、WORM_RANDEX.D
 http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=WORM_RANDEX.D

▽ ウイルス情報
 日本ネットワークアソシエイツ、NukeDetector application
 http://www.nai.com/japan/security/virN.asp?v=NukeDetector%20application

▽ ウイルス情報
 アラジンジャパン、Win32.Undertaker.4883.a
 http://www.aladdin.co.jp/esafe/virus/v_all/Win32_Undertaker_4883_a.html

▽ ウイルス情報
 アラジンジャパン、Win32.Gollum
 http://www.aladdin.co.jp/esafe/virus/v_all/Win32_Gollum.html

▽ ウイルス情報
 アラジンジャパン、Win32.Heyya.b
 http://www.aladdin.co.jp/esafe/virus/v_all/Win32_Heyya_b.html

▽ ウイルス情報
 アラジンジャパン、Win32.Lamer.1734
 http://www.aladdin.co.jp/esafe/virus/v_all/Win32_Lamer_1734.html

▽ ウイルス情報
 アラジンジャパン、Win32.Perrun.a
 http://www.aladdin.co.jp/esafe/virus/v_all/Win32_Perrun_a.html

▽ ウイルス情報
 アラジンジャパン、Win32.Trood
 http://www.aladdin.co.jp/esafe/virus/v_all/Win32_Trood.html


【更に詳細な情報サービスのお申し込みはこちら
   https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?sof01_sdx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

    Wi-Fiルータを攻撃し、Androidユーザを感染させるトロイの木馬を発見(カスペルスキー)

  2. 自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

    自動車ハッキングのリスク 本当のところ - 名古屋大学 高田教授に聞く

  3. Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache Struts 2 において REST プラグインの実装不備により任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

  4. Git における値検証不備を悪用して任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. 富士ゼロックスが提供する複数の製品に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  6. 「WannaCry」や「Mirai」の亜種や別種によるアクセスが増加(警察庁)

  7. 幅広い環境が影響を受けるBluetoothの脆弱性「BlueBorne」に注意喚起(JPCERT/CC)

  8. NTT西日本の「フレッツ接続ツール」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  9. Microsoft Windows の GDI に Palette オブジェクトにおける整数オーバーフローにより管理者権限で任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  10. Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×