目黒区役所の庁内ネットワークをLinuxで構築(日本IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

目黒区役所の庁内ネットワークをLinuxで構築(日本IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本アイ・ビー・エム株式会社は5月13日、オープンソースの基本ソフト「Linux」を活用した目黒区の新庁内ネットワーク(イントラネット)の構築が完了し、本格稼動したことを発表した。目黒区は、個人情報保護を最優先とするシステム構築に向けた「情報セキュリティ基本方針」を2002年8月1日に定めており、今回のイントラネット構築はその考えに基づいたもの。同イントラネットは、オープンソースのOS(基本ソフトウェア)であるLinux(RedHat)を搭載した、IBMのIA(インテル・アーキテクチャ)サーバ「IBM eServer xSeries」8台と、OSにWindowsを搭載した職員向けパソコン約300台を結んだもので、メール・システムが中心となっている。オープンソース・ソフトウェアを大幅に取り入れることで、障害に強いシステムを低コストで実現している。

http://www.ibm.com/news/jp/2003/05/05132.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×