セキュリティホール情報<2002/08/30> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

セキュリティホール情報<2002/08/30>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<プラットフォーム共通>
▼ php
 PHP に任意のコードを実行される問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1398

 PHP は適切にパラメータを初期化しないことが原因で、セキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートから任意のコードを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

 Red Hat Linux Security Advisory
 RHSA-2002:102-26 New PHP packages fix vulnerability in safemode
http://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2002-102.html

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
 CAN-2001-1246
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2001-1246

 HP Secure OS Software for Linux security bulletins digest
 HPSBTL0208-065 Security Vulnerablity in PHP (rev. 1)
http://itrc.hp.com/

▼ ethereal
 ethereal に複数のセキュリティホール [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1198

 ethereal は細工されたパケットを適切に処理できないことが原因で、複数のセキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートからクラッシュしたり、任意のコードを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

 The Ethereal Network Analyzer
http://www.ethereal.com/

 SECURITY ADVISORIES
 enpa-sa-00004 Potential issues with Ethereal 0.9.3
http://www.ethereal.com/appnotes/enpa-sa-00004.html

 SecuriTeam.com 2002/05/30 追加
 Potential Insecurities with Ethereal
http://www.securiteam.com/unixfocus/5WP0L2K75M.html

 FreeBSD Security Notice
 FreeBSD-SN-02:02 security issues in ports
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/CERT/advisories/FreeBSD-SN-02:02.asc

 Debian GNU/Linux ─ Security Information
 DSA-130-1 ethereal ─ remotely triggered memory allocation error
http://www.debian.org/security/2002/dsa-130

 SecurityFocus
 RHSA-2002:088-06: Updated ethereal packages are available
http://online.securityfocus.com/advisories/4192

 Red Hat Linux Security Advisory 2002/06/10 追加
 RHSA-2002:088-06 Updated ethereal packages are available
http://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2002-088.html

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/06/10 追加
 2002-0404
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0404

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/06/10 追加
 2002-0403
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0403

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/06/10 追加
 2002-0402
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0402

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/06/10 追加
 2002-0401
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0401

 FreeBSD Security Notice 2002/06/24 追加
 FreeBSD-SN-02:04 security issues in ports
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/CERT/advisories/FreeBSD-SN-02:04.asc

 SecurityFocus 2002/07/05 追加
 [CLA-2002:505] Conectiva Linux Security Announcement - ethereal
http://online.securityfocus.com/archive/1/280659/2002-07-02/2002-07-08/0

 Red Hat Linux Security Advisory 2002/08/30 追加
 ethereal multipule vulnerabilities
http://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2002-169.html


<Microsoft>
▼ Windows
 Windows にデジタル証明書が削除される問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1417

 Certificate Enrollment Control は実装上の原因により、セキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートからデジタル証明書を削除される可能性があります。

□ 関連情報:

 Microsoft Security Bulletin
 MS02-048 Flaw in Certificate Enrollment Control Could Allow Deletion of Digital Certificates (Q323172)
http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS02-048.asp

 マイクロソフトセキュリティ情報
 MS02-048 Certificate Enrollment Control の問題により、デジタル証明書が削除される (Q3231723)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms02-048.asp

 マイクロソフトセキュリティ情報
 MS02-048 よく寄せられる質問
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/fq02-048.asp

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
 CAN-2002-0699
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0699

 IPA
 Certificate Enrollment Control の問題により、デジタル証明書が削除される(MS02- 048)
http://www.ipa.go.jp/security/news/news.html


<UNIX共通>
▼ mailman
 mailman にクロスサイトスクリプティングの問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1362

 mailman は細工された URL を適切に処理していないことが原因で、クロスサイトスクリプティングの問題が存在します。攻撃者はこのセキュリティホールを利用して、リモートから不正アクセスされる可能性があります。

□ 関連情報:

 Mailman-Announce
 RELEASED Mailman 2.0.12
http://mail.python.org/pipermail/mailman-announce/2002-July/000043.html

 Debian GNU/Linux ─ Security Information
 DSA-147-1 mailman ─ cross-site scripting
http://www.debian.org/security/2002/dsa-147

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
 CAN-2002-0388
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0388

 Debian GNU/Linux ─ Security Information
 DSA-147-1 mailman ─ cross-site scripting
http://www.debian.org/security/2002/dsa-147

 Red Hat Linux Security Advisory
 RHSA-2002:176-06 Updated mailman packages close cross-site scripting vulnerability
http://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2002-176.html

 Red Hat Linux Security Advisory
 RHSA-2002:177-05 Updated mailman packages close cross-site scripting vulnerability
http://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2002-177.html

 Debian GNU/Linux ─ Security Information 2002/08/28 追加
 DSA-147-2 mailman ─ cross-site scripting
http://lists.debian.org/debian-security-announce/debian-security-announce-2002/msg00075.html

 Red Hat Linux Security Advisory 2002/08/30 追加
 RHSA-2002:178-04 Updated mailman packages close cross-site scripting vulnerability
http://rhn.redhat.com/errata/RHSA-2002-178.html

▼ OpenSSL
 OpenSSL に複数のセキュリティホール [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1327

 OpenSSL は実装上の原因により、複数のセキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートから任意のコードを実行されたり DoS 攻撃を受けたりする可能性があります。

□ 関連情報:

 HP社セキュリティ報告 2002/08/30 追加
 HPSBUX0208-212 OpenSSL for JetDirectにおけるセキュリティ脆弱性
http://www.jpn.hp.com/upassist/assist2/secbltn/HPSBUX0208-212.html

▼ hylafax
 Hylafax に複数のセキュリティホール
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1368

 hylafax は適切なチェックをしていないことが原因で、複数のセキュリティホールが存在します。攻撃者にこれらのセキュリティホールを利用された場合、リモート/ローカルから任意のコードを実行されたり DoS 攻撃を受けたりする可能性があります。

□ 関連情報:

 HylaFAX 4.1.3 Release
http://www.hylafax.org/4.1.3.html

 Debian GNU/Linux ─ Security Information
 DSA-148-1 hylafax ─ buffer overflows and format string vulnerabilities
http://lists.debian.org/debian-security-announce/debian-security-announce-2002/msg00064.html

 ISS X-Force Database
 HylaFAX 'hostname' format string
http://www.iss.net/security_center/static/7164.php

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
 CAN-2001-1034
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2001-1034

 Mandrake Linux 2002/08/30 追加
 HylaFAX multipule vulnerabilities
http://www.mandrakesecure.net/en/advisories/2002/MDKSA-2002-055.php?dis=8.2

▼ gaim
 Gaim に任意のプログラムを実行される問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1416

 Gaim は細工されたハイパーリンクを適切に処理できないことが原因で、セキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、リモートから任意のプログラムを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

 Gaim ChangeLog
http://gaim.sourceforge.net/ChangeLog

 Debian GNU/Linux ─ Security Information
 DSA-158-1 gaim─ arbitrary program execution
http://www.debian.org/security/2002/dsa-158

 Mandrake Linux 2002/08/30 追加
 gaim buffer overflow
http://www.mandrakesecure.net/en/advisories/2002/MDKSA-2002-054.php?dis=8.2


<HP-UX>
▼ VJE.VJE-RUN
 VJE.VJE-RUN に権限を奪取される問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1418

 VJE.VJE-RUN は適切にファイルセットしていないことが原因で、セキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、ローカルから権限を奪取される可能性があります。

□ 関連情報:

 HP-UX security bulletins digest
 HPSBUX0208-214 Vulnerability in VJE.VJE-RUN
http://itrc.hp.com/

▼ LP subsystem
 LP subsystem に DoS 攻撃を受ける問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1419

 LP subsystem はプリンタに関する様々な機能を提供します。この LP subsystem は実装上の原因により、バッファオーバーフローの問題が存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、ローカルから DoS 攻撃を受ける可能性があります。

□ 関連情報:

 HP-UX security bulletins digest
 HPSBUX0208-213 Vulnerability in LP subsystem
http://itrc.hp.com/


<リリース情報>
▼ リリース情報
 IP Filter 3.4.29
http://coombs.anu.edu.au/~avalon/ip-filter.html

▽ Linux Kernel
 Linux 2.4.20-pre5
http://www.kernel.org/

▽ Netscape
 Netscape 7がリリースされた。
http://channels.netscape.com/ns/browsers/

▽ Mandrake Linux
 cdrecordのアップデートパッケージがリリースされた。
http://www.mandrakesecure.net/en/advisories/2002/MDKA-2002-011.php?dis=8.2


<セキュリティトピックス>
▽ 注意・警告
 ANNOUNCE: FreeBSD Security Notice FreeBSD-SN-02:05
http://home.jp.freebsd.org/cgi-bin/showmail/announce-jp/1042

▽ ウイルス情報
 シマンテック、Backdoor.Laphex
http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/data/b/backdoor.laphex.html

▽ ウイルス情報
 シマンテック、Backdoor.Kryost
http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/data/b/backdoor.kryost.html

▽ ウイルス情報
 シマンテック、W32.HLLW.Bare
http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/data/w/w32.hllw.bare.html

▽ ウイルス情報
 シマンテック、W32.HLLW.Yoohoo.C
http://www.symantec.co.jp/region/jp/sarcj/data/w/w32.hllw.yoohoo.c.html

▽ ウイルス情報
 日本ネットワークアソシエイツ、Reboot-R
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virR.asp?v=Reboot-R

▽ ウイルス情報
 日本ネットワークアソシエイツ、Exploit-SMBDie
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virE.asp?v=Exploit-SMBDie

▽ ウイルス情報
 日本ネットワークアソシエイツ、W32/Relmony.worm
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virR.asp?v=W32/Relmony.worm

▽ ウイルス情報
 日本ネットワークアソシエイツ、Suomia
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virS.asp?v=Suomia

▽ ウイルス情報
 日本ネットワークアソシエイツ、W32/Bare.worm
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virS.asp?v=W32/Spear.c.worm

▽ ウイルス情報
 日本ネットワークアソシエイツ、W32/Spear.c.worm
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virS.asp?v=W32/Spear.c.worm

▽ ウイルス情報
 トレンドマイクロ、BKDR_NAUTIC.A
http://www.trendmicro.com/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=BKDR_NAUTIC.A

▽ サポート情報
 トレンドマイクロ、CVP:Security Patchを適用後CVPサービス が停止する
http://www.trendmicro.co.jp/esolution/solutionDetail.asp?solutionId=4576


【更に詳細な情報サービスのお申し込みはこちら
http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/order/mpid01.cgi?sof01_sdx

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

    OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  2. 「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

    「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

  3. 「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

    「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Apache Tomcat において値検証不備により JSP ファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了、しかし40万台が今も利用(トレンドマイクロ)

  7. Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

  8. マイクロソフトが10月のセキュリティ更新プログラムを公開、すでに悪用も(IPA)

  9. インシデントは「スキャン」が半数、フィッシングサイト報告件数は千件超え(JPCERT/CC)

  10. 偽の警告文を表示する詐欺サイトが急増、警察庁を装い罰金を要求するケースも(キヤノンITS)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×