Liberty Allianceが公開した仕様書「Liberty Version 1.0」へのサポートを表明(米RSA Security) | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

Liberty Allianceが公開した仕様書「Liberty Version 1.0」へのサポートを表明(米RSA Security)

 米RSA Security社は、複数サイトを連結するためのネットワーク認証とシングルサインオン技術の標準化を進めている業界団体「Liberty Alliance」が仕様書「Liberty Version 1.0」を公開したことを受けて、今後の製品で同仕様をサポートすることを表明した。同仕様書は、

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 米RSA Security社は、複数サイトを連結するためのネットワーク認証とシングルサインオン技術の標準化を進めている業界団体「Liberty Alliance」が仕様書「Liberty Version 1.0」を公開したことを受けて、今後の製品で同仕様をサポートすることを表明した。同仕様書は、システム間の相互運用性にフォーカスし、ユーザがサービス・プロバイダー毎に所有しているアカウントのリンクや簡易サインオンなどについて規定しており、各社がこれに製品やサービスを準拠させれば、利用者は各社のWebを再認証なしに自由に利用することが可能となる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200207151.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×