Liberty Allianceが公開した仕様書「Liberty Version 1.0」へのサポートを表明(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

Liberty Allianceが公開した仕様書「Liberty Version 1.0」へのサポートを表明(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Security社は、複数サイトを連結するためのネットワーク認証とシングルサインオン技術の標準化を進めている業界団体「Liberty Alliance」が仕様書「Liberty Version 1.0」を公開したことを受けて、今後の製品で同仕様をサポートすることを表明した。同仕様書は、システム間の相互運用性にフォーカスし、ユーザがサービス・プロバイダー毎に所有しているアカウントのリンクや簡易サインオンなどについて規定しており、各社がこれに製品やサービスを準拠させれば、利用者は各社のWebを再認証なしに自由に利用することが可能となる。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200207151.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×