F-Secure SSH サーバ UNIX版における脆弱性の内容および対策を発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

F-Secure SSH サーバ UNIX版における脆弱性の内容および対策を発表(日本エフ・セキュア)

 日本エフ・セキュア株式会社は5月31日、「F-Secure SSH サーバ UNIX版」における脆弱性の内容と対策について発表した。対象バージョンは「F-Secure SSH サーバ for UNIX バージョン 3.0.1」と「F-Secure SSH サーバ for UNIX バージョン 3.0.1 build 8」の2種。今回発

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本エフ・セキュア株式会社は5月31日、「F-Secure SSH サーバ UNIX版」における脆弱性の内容と対策について発表した。対象バージョンは「F-Secure SSH サーバ for UNIX バージョン 3.0.1」と「F-Secure SSH サーバ for UNIX バージョン 3.0.1 build 8」の2種。今回発見された脆弱性は、SSHサーバにおいてパスワード認証以外の認証方法を設定指定してもパスワード認証にてアクセスを許す可能性がある、というものであった。今回の問題は、通常のクライアント製品ではサーバ提示の認証の中から決定する処理をするため正しく動作するが、一部のSSHクライアント製品およびプログラムを改変することで動作するという。日本エフ・セキュアでは、この問題の解決方法として、サーバの設定ファイルにおける認証設定の変更方法、および同社ホームページにて対策版を公開し、対応している。

http://www.f-secure.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×