セキュリティホール情報<2002/03/13> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

セキュリティホール情報<2002/03/13>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<プラットフォーム共通>
▽ Oracle 9i
 Oracle 9i/ASに存在する複数の脆弱性に対し、CERTが再警告を行った。今回警告が行われたのは下記の脆弱性。


 Apache PL/SQLにバッファオーバーフローの問題。この問題によりDoS攻撃などが可能になる。

 CERT
 Oracle9i Application Server Apache PL/SQL module vulnerable to buffer overflow via HTTP Location: header help page request
http://www.kb.cert.org/vuls/id/313280


 デフォルト状態で設定されたApacheサービスに、anonymousユーザーがリモートから機能を利用できる問題。

 CERT
 Oracle 9iAS allows anonymous remote users to view sensitive Apache services by default
http://www.kb.cert.org/vuls/id/168795


 デフォルト状態のSimple Object Access Protocol (SOAP) に、リモートのanonymousユーザーがSOAPサービスを使用することが出来る問題。

 CERT
 Oracle 9iAS SOAP components allow anonymous users to deploy applications by default
http://www.kb.cert.org/vuls/id/736923


 OWA_UTILを利用し他のサーバーにアクセス可能になる問題。

 CERT
 Oracle9i Application Server OWA_UTIL procedures expose sensitive information
http://www.kb.cert.org/vuls/id/307835


▼ OpenSSH
 OpenSSH に任意のコードが実行可能な問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1072

 OpenSSH は、ネットワーク経路ごと暗号化を行うツールです。この OpenSSH は実装上の原因により、弱点が存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートから ssh の実行権限で任意のコードを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

 OpenSSH
 OpenSSHの3.1がリリース
http://www.openssh.org/

 FreeBSD Security Advisory
 FreeBSD-SA-02:13 OpenSSH contains exploitable off-by-one bug
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/CERT/advisories/FreeBSD-SA-02:13.openssh.asc

 SuSE Security Announcement
 SuSE-SA:2002:009 channelID vulnerability in openssh
http://www.suse.de/de/support/security/2002_009_openssh_txt.html

 MandrakeSoft Security Advisory
 MDKSA-2002:019 openssh
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-019.php?dis=8.1

 Pine Internet Security Advisory
 PINE-CERT-20020301: OpenSSH
http://www.pine.nl/advisories/pine-cert-20020301.html

 Red Hat Linux Errata Advisory 2002/03/09 追加
 RHSA-2002:043-10 Updated openssh packages available
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2002-043.html

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/03/09 追加
 CAN-2002-0083
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0083

 SecuriTeam.com
 OpenSSH Off-By-One Vulnerability
http://www.securiteam.com/unixfocus/5PP01206KE.html

 CERT 2002/03/11 更新
 OpenSSH contains a one-off overflow of an array in the channel handling code
http://www.kb.cert.org/vuls/id/408419

 LinuxSecurity
 Conectiva: OpenSSH off-by-one
http://www.linuxsecurity.com/advisories/other_advisory-1940.html

 LinuxSecurity
 EnGarde: Local vulnerability in OpenSSH's channel code
http://www.linuxsecurity.com/advisories/other_advisory-1937.html

 LinuxSecurity 2002/03/11 追加
 Debian: 'openssh' Unauthorized access vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/debian_advisory-1949.html

 LinuxSecurity 2002/03/11 追加
 Slackware: 'openssh' Unauthorized access vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/slackware_advisory-1944.html

 LinuxSecurity 2002/03/11 追加
 Trustix: 'openssh' Unauthorized access vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/other_advisory-1943.html

 SecurityFocus 2002/03/11 追加
 OpenSSH Channel Code Off-By-One Vulnerability
http://online.securityfocus.com/bid/4241

 Incidents.org 2002/03/11 追加
 OpenSSH Vulnerability Versions 2.0 through 3.0.2
http://www.incidents.org/diary/diary.php?id=148

 CIAC (Computer Incident Advisory Capability) 2002/03/11 追加
 M-054: OpenSSH Contains Remotely Exploitable Vulnerability
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-054.shtml

 Turbolinux Japan Security Center 2002/03/11 追加
 openssh ローカルユーザーによるroot権限奪取
http://www.turbolinux.co.jp/security/openssh-2.9p2-7.html

 SecurityFocus
 Caldera Systems : OpenServer: OpenSSH channel code vulnerability
http://online.securityfocus.com/advisories/3954

 VineLinux errata
 vine:OpenSSH にセキュリティホー ル
http://www.vinelinux.org/errata/2x/20020312.html

 NetBSD Security Advisory
 2002-004: Off-by-one error in openssh session
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0203/146.html

▼ SNMP
 SNMP に 複数のセキュリティホール [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1022

 SNMP は実装上の原因により、バッファオーバーフローやフォーマットストリングバグなどが存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートから root 権限を奪取されたり、任意のコードを実行されたり DoS攻撃を受ける可能性があります。

□ 関連情報:

 オラクル 2002/03/13 追加
 SNMPにおける潜在的なセキュリティの脆弱性
http://www.oracle.co.jp/news/security/


<Microsoft>
▼ XML Core Services
 XMLHTTP にローカルファイル情報が奪取可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1045

 Microsoft XML Core Services の XMLHTTP コントロールは、セキュリティゾーンの設定を適切に反映できないことが原因で、弱点が存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートからユーザのローカルシステムの情報を奪取される可能性があります。

□ 関連情報:

 Microsoft Security Bulletin
 MS02-008 XMLHTTP Control Can Allow Access to Local Files
http://www.microsoft.com/technet/security/bulletin/MS02-008.asp

 マイクロソフトセキュリティ情報 (日本語)
 MS02-008 XMLHTTP コントロールにより、ローカル ファイルにアクセスすることができる
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS02-008

 よく寄せられる質問
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/SecFaq.asp?sec_cd=ms02-008

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
 CAN-2002-0057
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0057

 マイクロソフト 日本語版 KB 2002/03/01 追加
 JP317244 - [MS02-008] MSXML 4.0 のXMLHTTP コントロールにより、ローカル ファイルにアクセスすることができる
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/JP317/2/44.asp

 CIAC (Computer Incident Advisory Capability) 2002/03/02 追加
 M-051: Microsoft XMLHTTP Control Vulnerability
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-051.shtml

 マイクロソフト 日本語版 KB 2002/03/12 追加
 JP318202 - [MS02-008] MSXML 2.0 のXMLHTTP コントロールにより、ローカル ファイルにアクセスすることができる
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/JP318/2/02.asp

 マイクロソフト 日本語版 KB 2002/03/12 追加
 JP318203 - [MS02-008] MSXML 3.0 のXMLHTTP コントロールにより、ローカル ファイルにアクセスすることができる
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/JP318/2/03.asp

▼ Windows
 Windows Shell に任意のコードが実行可能な問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1073

 Windows Shell のアプリケーションをロケーションする関数はバッファサイズを適切にチェックしていないことが原因で、バッファオーバーフローが存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートから任意のコードを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

 Microsoft TechNet MS01-014 Unchecked Buffer in Windows Shell Could Lead to Code Execution
http://www.microsoft.com/technet/treeview/default.asp?url=/technet/security/bulletin/ms02-014.asp

 マイクロソフトセキュリティ情報
 MS02-014 Windows Shell の未チェックのバッファにより、コードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/prekb.asp?sec_cd=MS02-014

 MS02-014 よく寄せられる質問
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/SecFaq.asp?sec_cd=ms02-014

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
 CAN-2001-0070
http://www.cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2001-0070

 IPA
 MS02-014 Windows Shell の未チェックのバッファにより、コードが実行される
http://www.ipa.go.jp/security/index.html

 SecurityFocus
 Microsoft Windows User Shell Buffer Overflow Vulnerability
http://online.securityfocus.com/bid/4248

 Microsoft TechNet 2002/03/13 追加
 M-055: Microsoft Unchecked Buffer in Windows Shell
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-055.shtml

 SecuriTeam.com 2002/03/13 追加
 Windows Shell Overflow (Additional Information)
http://www.securiteam.com/windowsntfocus/5FP0B0K6KG.html


<UNIX共通>
▼ rsync
 rsync に任意のコードが実行可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=989

 rsync はファイル転送プログラムで、リモートマシン上のファイルを高速で同期化できることが特徴です。この rsync の I/O 機能が原因で、弱点が存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートから任意のコードが実行される可能性があります。

□ 関連情報:

 rsync Home Page
http://rsync.samba.org/

 Debian GNU/Linux ─ Security Information
 DSA-106-1 rsync remote exploit
http://www.debian.org/security/2002/dsa-106

 Red Hat Linux Errata Advisory 2002/02/01 更新
 RHSA-2002:018-10 New rsync packages available
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2002-018.html

 SuSE Security Announcement
 SuSE-SA:2002:004 rsync
http://www.suse.de/de/support/security/2002_004_rsync_txt.txt

 MandrakeSoft Security Advisory
 MDKSA-2002:009 rsync
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-009.php?s=8.1

 Turbolinux Japan Security Center 2002/02/01 追加
rsync ローカルユーザーによるroot権限奪取
http://www.turbolinux.co.jp/security/rsync-2.4.6-3.html

 CIAC 2002/02/01 追加
 M-035: Red Hat Linux "rsync" Vulnerability
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-035.shtml

 Vine Linux errata 2002/02/06 追加
 rsync に セキュリティホール
http://www.vinelinux.org/errata/2x/20020131.html

 FreeBSD 2002/02/07 追加
 FreeBSD-SA-02:10 rsync port contains remotely exploitable vulnerability
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/CERT/advisories/FreeBSD-SA-02:10.ync.asc

 Caldera International, Inc. Security Advisory 2002/02/10 追加
 CSSA-2002-003.0 Linux - Remote attack on rsync
http://www.caldera.com/support/security/advisories/CSSA-2002-003.0.t

 LinuxSecurity 2002/03/13 追加
 Slackware: 'rsync' Multiple vulnerabilities
http://www.linuxsecurity.com/advisories/slackware_advisory-1974.html

▽ XTell
 XTellデーモンに、複数の脆弱性が発見された。一つ目は、バッファオーバーフロー、二つ目はsymlinkの問題、三つ目はディレクトリートラバーサル問題、四つ目はファイルのレース状態。攻撃者は、これらの脆弱性を利用することによって、必要なアクセス権限を取得することができ、リモートでのコード実行、システムに関する情報の取得、及びファイルやディレクトリ への書き込みなどを実行することができる。[更新]

 SecuriTeam.com
 UNIX focus:XTellD Multiple Vulnerabilities
http://www.securiteam.com/unixfocus/5XP05156KS.html

 LinuxSecurity 2002/03/13 追加
 Debian: 'xtell' Multiple vulnerabilities
http://www.linuxsecurity.com/advisories/debian_advisory-1964.html

▼ cyrus-sasl
 cyrus-sasl に権限が昇格可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=898

 Cyrus SASL ライブラリの 1 つである ログイン関数 syslog() が原因で、フォーマットバグが存在します。攻撃者はこの弱点を利用して、リモートから権限を昇格させ、昇格させた権限で任意のコードを実行することが可能となります。

□ 関連情報:

 Cyrus Project Information
http://www.cmu.edu/computing/cyrus/index.html

 SuSE Security Announcement
 SuSE-SA:2001:042 cyrus-sasl

 Caldera International, Inc. Security Advisory CSSA-2001-040.0
 Linux - Format String Problem in Cyrus-SASL
http://www.caldera.com/support/security/advisories/CSSA-2001-040.0.txt

 MandrakeSoft Security Advisory 2002/03/01 追加
 MDKSA-2002:018 cyrus-sasl
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-018.php?dis=8.1

 FreeBSD Ports Security Advisory 2002/03/13 追加
 FreeBSD-SA-02:15.cyrus-sasl
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0203/141.html

 LinuxSecurity 2002/03/13 追加
 FreeBSD: 'cyrus-sasl' Format string vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/freebsd_advisory-1970.html


<FreeBSD>
▽ Netscape
 Netscapeの4.76以前のバージョンで、GIF89aとJPEGファイルに含まれるイメージコメント内に含まれるJavaスクリプトを実行してしまうという問題が発見された。これにより、以前アクセスしたURLや、キャッシュファイルなどを閲覧されてしまう。

 LinuxSecurity
 FreeBSD: Netscape JavaScript Vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/freebsd_advisory-1971.html

 SecurePoint
 FreeBSD Ports Security Advisory FreeBSD-SA-02:16.netscape
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0203/143.html

▽ pam-pgsql
 pam-pgsqlの認証中に、あるいはパスワードを変更する間に、ユーザー名かパスワード・フィールドに任意のSQLコードを挿入することができる問題が発見された。この問題により、パスワード認証の回避などが可能になり、任意の機能を使用することが可能になる。

 FreeBSD Ports Security Advisory
 FreeBSD-SA-02:14.pam-pgsql
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0203/144.html

 LinuxSecurity
 FreeBSD: 'pam-pgsql' Unauthorized execution vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/freebsd_advisory-1969.html


<Linux共通>
▽ kernel
 x86版のkernelで、IPCを使用する場合ユーザ権限を無視される問題が発見された。この問題により、システムプロセスを含む任意のプロセスに、SIGKILLのような信号を送ることが可能になる。

 SecurityFocus
 Linux kernel 2.4.18 iBCS IPC signal handling Vulnerability
http://online.securityfocus.com/bid/4259

▽ zlib
 zlibに、特殊な入力を用いることにより、メモリの同じエリアを2回解放するというバグが発見された。この問題を利用することにより、プログラムのクラッシュさせることができ、DoS攻撃などが可能になる。[更新]

 Red Hat Linux Errata Advisory
 RHSA-2002:026-35 Vulnerability in zlib library
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2002-026.html

 IPA
 zlib圧縮ライブラリに脆弱性
http://www.ipa.go.jp/security/

 CERT
 Double Free Bug in zlib Compression Library Corrupts malloc's Internal Data Structures
http://www.kb.cert.org/vuls/id/368819

 LinuxSecurity
 Mandrake: 'zlib' Denial of service vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/mandrake_advisory-1976.html

 LinuxSecurity
 Slackware: 'zlib' Data corruption vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/slackware_advisory-1973.html

 LinuxSecurity
 Debian: 'zlib' Data corruption vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/debian_advisory-1968.html

▽ mod_frontpage
 mod_frontpage に任意のコードが実行可能な問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1076

 mod_frontpage の fpexec.c は、バッファサイズを適切にチェックしていないことが原因で、バッファオーバーフローが存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートから root 権限で任意のコードを実行される可能性があります。

□ 関連情報:

 Improved mod_frontpage Homepage
http://home.edo.uni-dortmund.de/~chripo/

 MandrakeSoft Security Advisory
 MDKSA-2002:021 mod_front page
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-021.php?dis=8.1

 FreeBSD: 'mod_frontpage' Buffer overflow vulnerability
http://www.linuxsecurity.com/advisories/freebsd_advisory-1972.html

▼ CVS
 CVS に DoS 攻撃が可能な問題[更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=1066

 CVS (Concurrent Versions System) は適切にグローバル変数を初期化していないことが原因で、弱点が存在します。攻撃者にこの弱点を利用された場合、リモートから CVSサーバをクラッシュされる可能性があります。

□ 関連情報:

 Debian GNU/Linux ─ Security Information
 DSA-117-1 cvs ─ improper variable initialization
http://www.debian.org/security/2002/dsa-117

 SecurityFocus 2002/03/06 追加
 CVS Server Global Variable Denial Of Service Vulnerability
http://online.securityfocus.com/bid/4234

 LinuxSecurity 2002/03/13 追加
 Slackware: 'cvs' Multiple vulnerabilities
http://www.linuxsecurity.com/advisories/slackware_advisory-1975.html


<その他の製品>
▽ SurfControl SuperScout Email Filter SMTP 3.5.1
 SurfControl SuperScout Email Filter SMTP 3.5.1に、過度のHELOを送ることにより、バッファオーバーフローが発生する問題が発見された。この問題により、DoS攻撃が可能になる。

 SecurityFocus
 SurfControl Email Filter for SMTP HELO Denial of Service Vulnerability
http://online.securityfocus.com/bid/4257


<セキュリティトピックス>
▽ ウイルス情報
 シマンテック、ウイルス「W32.Gibe@mm」の危険度を引き上げ
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/w/w32.gibe%40mm.html

▽ ウイルス情報
 Linuxに感染するLinux.Jac.8759
http://www.symantec.com/region/jp/sarcj/data/l/linux.jac.8759.html


【更に詳細な情報サービスのお申し込みはこちら
  http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/order/mpid01.cgi?sof01_sdx


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

    OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  2. 「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

    「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

  3. 「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

    「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Apache Tomcat において値検証不備により JSP ファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了、しかし40万台が今も利用(トレンドマイクロ)

  7. Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

  8. マイクロソフトが10月のセキュリティ更新プログラムを公開、すでに悪用も(IPA)

  9. インシデントは「スキャン」が半数、フィッシングサイト報告件数は千件超え(JPCERT/CC)

  10. 偽の警告文を表示する詐欺サイトが急増、警察庁を装い罰金を要求するケースも(キヤノンITS)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×