セキュリティホール情報<2002/01/10> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

セキュリティホール情報<2002/01/10>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<プラットフォーム共通>
▼ Apache
 Apache に複数のセキュリティホール [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=837

 Apache に複数のセキュリティホールが存在します。攻撃者はリモートからこれらの弱点を利用して、ディレクトリコンテンツを表示させたり、システム上に存在する任意の ”.log”ファイルを上書きすることなどが可能となります。

□ 関連情報:

 Apache Apache 1.3.22 Released
http://httpd.apache.org/dist/httpd/Announcement.html

 Apache Week Apache 1.3.22 Released
http://www.apacheweek.com/features/apache1322

 Vine Linux errata 2001/11/06 追加
 apache の新バージョン 1.3.22
http://www.vinelinux.org/errata/2x/20011023.html

 MandrakeSoft Security Advisory 2001/12/02 追加
 MDKSA-2001:077-1 apache
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-077-1.php3?

 MandrakeSoft Security Advisory 2001/12/02 追加
 MDKSA-2001:077-2 apache
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-077-2.php3?

 MandrakeSoft Security Advisory 2002/01/07 追加
 MDKSA-2001:077-3 apache
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-077-3.php3?

 Hewlett-Packard IT リソース・センタ 2002/01/08 追加
http://www.itresourcecenter.hp.com/

 MandrakeSoft Security Advisory 2002/01/09 追加
 MDKA-2002:001 php
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKA-2002-001.php?dis=7.2


<Microsoft>
▽ Windows 98/98SE/Me/XP
 「ユニバーサル プラグ アンド プレイ (UPnP) に含まれる未チェックのバッファによりシステムが侵害される (MS01-059)」に関して、「問題を緩和する要素」 への追加項目が記載された。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/frame_prekb.asp?sec_cd=MS01-059


<UNIX共通>
▼ Exim
 Exim に 任意のコードが実行可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=947

 Exim は Unix システム上で使用する MTA です。この Exim は無効なメールアドレスを適切にチェックしないことが原因で、弱点が存在します。攻撃者はリモートからこの弱点を利用して、任意のコードを実行することが可能となります。

□ 関連情報:

 Exim
http://www.exim.org/

 Exim-users Info Page Exim-users ─ A user list for the exim MTA
http://www.exim.org/mailman/listinfo/exim-users

 Debian GNU/Linux ─ Security Information 2002/01/04 追加
 DSA-097-1 exim: Uncontrolled program execution
http://www.debian.org/security/2002/dsa-097

 Red Hat Linux Errata Advisory 2002/01/09 追加
 RHSA-2001:176-05 Updated exim packages fix security problem
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2001-176.html

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/01/09 追加
 CAN-2001-0889
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2001-0889

▼ glibc
 glibc に任意のコードが実行可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=934

 glibc (GNU C Library) の glob(3) 実装上の原因により、バッファオーバーフローが存在します。攻撃者はリモートからこの弱点を利用して DoS (サービス妨害) 攻撃をしたり、任意のコードの実行することが可能となります。

□ 関連情報:

 Red Hat Linux Errata Advisory
 RHSA-2001:160-09 Updated glibc packages are available
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2001-160.html

 Hewlett-Packard IT リソース・センター
http://www.itresourcecenter.hp.com/

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE)
 CAN-2001-0886
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2001-0886

 MandrakeSoft Security Advisory MDKSA-2001:095 glibc
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-095.php3?dis=8.1

 SuSE Security Announcement 2001/12/26 追加
 SuSE-SA:2001:046 glibc/shlibs, in.ftpd
http://www.suse.de/de/support/security/2001_046_glibc_txt.txt

 CIAC 2001/12/27 追加
 M-029: Red Hat glibc Vulnerability
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-029.shtml

 Turbolinux Japan Security Center 2002/01/07 追加
 glibc 悪意のあるユーザーによるアプリケーションの停止
http://www.turbolinux.co.jp/security/glibc-2.2.4-9.html

 Vine Linux errata 2002/01/07 追加
 glibc にセキュリティホール
http://www.vinelinux.org/errata/2x/20011231.html

▼ NQS
 NQS に root 権限が奪取可能な問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=958

 NQS の "qsub" コマンドはバッチファイル名を適切にチェックしていないことが原因で、フォーマットストリングバグが存在します。攻撃者はローカルからこの弱点を利用して root 権限を奪取することが可能となります。

□ 関連情報:

 SGI Security Advisories
 20020101-01-I Network Queuing Environment (NQE) contains vulnerabilities
ftp://patches.sgi.com/support/free/security/advisories/20020101-01-I

▼ Mutt
 Mutt に任意のコードが実行可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=953

 Mutt はテキストベースのメールクライアントです。この Mutt の実装上の原因により、バッファオーバーフローが存在します。攻撃者がリモートからこの弱点を利用して Mutt の実行権限で任意のコードを実行することが可能となります。

□ 関連情報:

 Mutt
 Mutt 1.2.5.1 and 1.3.25 release announcement
http://www.mutt.org/announce/mutt-1.2.5.1-1.3.25.html

 Debian GNU/Linux ─ Security Information
 DSA-096-2 mutt buffer overflow
http://www.debian.org/security/2002/dsa-096

 FreeBSD Security Advisory 2002/01/08 追加
 FreeBSD-SA-02:04 mutt ports contain remotely exploitable buffer overflow
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/CERT/advisories/FreeBSD-SA-02:04.mutt.asc

 Red Hat Linux Errata Advisory 2002/01/08 追加
 RHSA-2002:003-10 New mutt packages available to fix security problem
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2002-003.html

 Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) 2002/01/08 追加
 CAN-2002-0001
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CAN-2002-0001

 SuSE Security Announcement 2002/01/08 追加
 SuSE-SA:2002:001 mutt
http://www.suse.de/de/support/security/2002_001_mutt_txt.txt

 MandrakeSoft Security Advisory 2002/01/09 追加
 MDKSA-2002:002 mutt
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-002.php?dis=8.1


<Mandrake Linux>
▼ BIND
 BIND にパーミッションが適切に設定されていない問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=957

 BIND の設定ファイルや実行ファイルのパーミッションが適切に設定されていないことが原因で、弱点が存在します。攻撃者はローカルからこの弱点を利用して、ファイルを上書きすることが可能となります。

□ 関連情報:

 MandrakeSoft Security Advisory
 MDKSA-2002:001 bind
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2002/MDKSA-2002-001.php?dis=8.1


<その他の製品>
▽ CacheOS
 CacheOSに、あるリクエストの送信により、悪意のある攻撃者がキャッシュによって転送されたWebページ、およびURLなどを見ることができる問題が発見された。この方法を利用することにより、ユーザー名やパスワードなどが奪取される危険性がある。

 SecuriTeam.com
 Web Administration Vulnerability in CacheOS
http://www.securiteam.com/unixfocus/5SP042K60G.html

▽ Hosting Controller
 Hosting Controllerに複数のバグが存在し、これらを利用することで任意のコードを実行可能となる問題が発見された。

 SecuriTeam.com
 Hosting Controller Multiple Security Vulnerabilities
http://www.securiteam.com/windowsntfocus/5GP022A60K.html

▽ PayFlow Link
 ベリサイン社のPayFlow Linkに、偽ったクレジットカード番号で決済フローが行える可能性が発見された。この問題に対するベリサイン社の解答も掲載されている。

 SecuriTeam.com
 VeriSign "PayFlow Link" Payment Service Security Vulnerability
http://www.securiteam.com/securitynews/5PP012K60E.html


<リリース情報>
▽ Squid
 Squid 2.5 PRE2がリリースされた。
http://www.squid-cache.org/


<セキュリティトピックス>
▼ ウイルス情報
 トレンドマイクロ 新種ウイルス情報 SWF_LFM.926
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=SWF_LFM.926

▼ ウイルス情報
 トレンドマイクロ 新種ウイルス情報 WORM_GOP.A
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=WORM_GOP.A

▼ 警告・注意情報
 IPA 「sulfnbk.exe」に関するデマメール情報
http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert140108.html

▽ 警告・注意情報
 オラクル社、mod_plsqlのセキュリティ上の脆弱性情報公開
http://www.oracle.co.jp/news/security/top.html

▽ 警告・注意情報
 オラクル社、Oracle9i Application Serverの潜在的なDoS脆弱性
http://www.oracle.co.jp/news/security/top.html

▽ ウイルス情報
 IPA,日本語化されたデマウイルスで再警告
http://www.ipa.go.jp/security/topics/alert140108.html
 McAfeeによる警告
http://www.nai.com/japan/virusinfo/sulfbk_hoax.asp


【詳細な情報サービスのお申し込みはこちら
http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/order/mpid01.cgi?m-sc_sdx

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. Microsoft Windows OS において DLL Hijacking により UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS において DLL Hijacking により UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. ランサムウェア「Bad Rabbit」感染に注意喚起、水飲み場攻撃を実行か(IPA)

    ランサムウェア「Bad Rabbit」感染に注意喚起、水飲み場攻撃を実行か(IPA)

  3. 「GNU Wget」にリモートから任意のコードを実行される複数の脆弱性(JVN)

    「GNU Wget」にリモートから任意のコードを実行される複数の脆弱性(JVN)

  4. Savitech製USBオーディオドライバに、ルートCA証明書を導入される脆弱性(JVN)

  5. GNU wget に HTTP プロトコルのハンドリングにおける値検証不備に起因するバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  6. アップルがSafari、macOS、iOSなどのアップデートを公開、適用を呼びかけ(JVN)

  7. トレンドマイクロの管理マネージャに複数の脆弱性(JVN)

  8. 8以降のWindowsに、特定のメモリアドレスのコードを悪用される脆弱性(JVN)

  9. 「Microsoft Office 数式エディタ」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  10. パケット解析ツール「Packetbeat」にDoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×