クレジットカード決済の不正利用防止システムを共同開発(ジニックスジャパン、サイバーエリアリサーチ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

クレジットカード決済の不正利用防止システムを共同開発(ジニックスジャパン、サイバーエリアリサーチ)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 ジニックスジャパン株式会社とサイバーエリアリサーチ株式会社は7月10日、アクセス経路情報を利用したクレジットカード決済の不正利用防止システムを共同開発したと発表した。
 このシステムは「AI認証システム」と呼ばれ、AIとはエリアアイデンティティ(Area Identity)。ECサイトにおいてクレジット決済を選択すると、購入者は「AI認証サーバ」にアクセスすることとなる。その際に購入者のアクセスしている国、住所、電話番号、組織名などを認識し、実際の購入者の情報との紹介を行い、「なりすまし」などの不正利用を防止する。また、万が一、不正利用された場合にもISPの協力のもと、アクセス経路情報を利用して、追跡することが可能となっている。

ジニックスジャパン
http://www.ginix.co.jp/
サイバーエリアリサーチ
http://www.arearesearch.co.jp/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×