賞賛、誤解、戸惑い、興味 ~ セキュリティ診断標準化を市場はどう受けとめたか 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity
2020.11.25(水)

賞賛、誤解、戸惑い、興味 ~ セキュリティ診断標準化を市場はどう受けとめたか 1枚目の写真・画像

「待ってました!」 診断サービスの“プロフェッショナル”的なユーザー企業はほぼ例外なく、標準化を行いサービスの質と量の安定供給を行う挑戦に、強く賛同したそうです。

製品・サービス・業界動向
脆弱性診断の標準化は業務を細分化することで進められる。「認証」「セッション」等の大カテゴリは10項目あり、大カテゴリのひとつ「入力制御」はさらに「バリデーション」「SQLインジェクション」など11の中カテゴリに分けられる。大カテゴリから中カテゴリ、中カテゴリから小カテゴリ、小カテゴリからさらに下位のカテゴリへと、それ以上細分化不可能(作業者の判断が不要)な作業単位までブレイクダウンは行われる。
脆弱性診断の標準化は業務を細分化することで進められる。「認証」「セッション」等の大カテゴリは10項目あり、大カテゴリのひとつ「入力制御」はさらに「バリデーション」「SQLインジェクション」など11の中カテゴリに分けられる。大カテゴリから中カテゴリ、中カテゴリから小カテゴリ、小カテゴリからさらに下位のカテゴリへと、それ以上細分化不可能(作業者の判断が不要)な作業単位までブレイクダウンは行われる。

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×