【画像】PC用ブラウザシェアはGoogle Chromeが首位に、Internet Explorerはセキュリティ的観点から離反ユーザーも(米ネット・アプリケーションズ) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.15(金)

PC用ブラウザシェアはGoogle Chromeが首位に、Internet Explorerはセキュリティ的観点から離反ユーザーも(米ネット・アプリケーションズ) 2枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

米ネット・アプリケーションズが公表した「Desktop Top Browser Share Trend(PC用ブラウザーシェア)」
米ネット・アプリケーションズが公表した「Desktop Top Browser Share Trend(PC用ブラウザーシェア)」

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  2. 2016年度の国内SIEM市場は39.8億円、2021年度には66億円規模へ(ITR)

    2016年度の国内SIEM市場は39.8億円、2021年度には66億円規模へ(ITR)

  3. 攻撃されるポートはWWWとSSL、DDoS攻撃は50%の増加--四半期レポート(アカマイ)

    攻撃されるポートはWWWとSSL、DDoS攻撃は50%の増加--四半期レポート(アカマイ)

  4. コミュニティサイトの被害に遭った子どもの9割以上がフィルタリングを利用せず(警察庁)

  5. 平日と土日で変わるサイバー攻撃傾向~フォーティネット調査

  6. 2016年に確認されたC&Cサーバ、8割が1年以上前に取得されたドメイン名(日本IBM)

  7. 公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

  8. 自著を語る「サイバー・クライム」福森 大喜(ブックレビュー)

  9. 機械学習のセキュリティへの応用、新たな認証技術など紹介--技術レポート(IIJ)

  10. 特殊詐欺認知の確定値を公表、被害は首都圏から地方都市圏へ--年間レポート(警察庁)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×