従来では分析が困難だった潜在指紋を非破壊・非接触で検出することが可能に(早稲田大学理工学術院) 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.24(水)

従来では分析が困難だった潜在指紋を非破壊・非接触で検出することが可能に(早稲田大学理工学術院) 1枚目の写真・画像

 東京ビッグサイトで開催されていた「テロ対策特殊装備展'15」にて、早稲田大学理工学術院と大阪大学は、文部科学省ブースにて、同省が推進するプロジェクトの一環である「安全・安心な社会のための犯罪・テロ対策技術等を実用化するプログラム」

研修・セミナー・カンファレンス
早稲田大学の捜査支援スペクトルイメージング装置の試作品。従来の方法では残留指掌紋が検出しにくい材質でも高精度での検出が可能(撮影:防犯システム取材班)
早稲田大学の捜査支援スペクトルイメージング装置の試作品。従来の方法では残留指掌紋が検出しにくい材質でも高精度での検出が可能(撮影:防犯システム取材班)

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×