【画像】機械学習と可視化などにより標的型攻撃を97%検知する技術を開発(日立) (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

機械学習と可視化などにより標的型攻撃を97%検知する技術を開発(日立) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

今回開発した技術が標的型攻撃を検知するまでのプロセス
今回開発した技術が標的型攻撃を検知するまでのプロセス

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

    カスペルスキーに関する一連の報道に対し、代表取締役社長の川合氏が言及

  2. モジュラージャックを物理的に塞いでデータ漏えいを防止(サンワサプライ)

    モジュラージャックを物理的に塞いでデータ漏えいを防止(サンワサプライ)

  3. 給料、現場、成長…、セキュリティの仕事の「今」をセキュ鉄の服部氏に聞いた

    給料、現場、成長…、セキュリティの仕事の「今」をセキュ鉄の服部氏に聞いた

  4. LAN接続HDDにCSRFの脆弱性(アイ・オー・データ)

  5. 「魔法のiらんど」がサービス再開、閲覧者はトロイの木馬感染の可能性も

  6. 顔認証と2次元カラーコードによる2要素認証を実現した入退室管理ソリューション(日精)

  7. 中小製造業を対象とした「情報セキュリティ診断サービス」を提供(NCネットワーク、大塚商会、マイクロソフト)

  8. 次世代ファイアウォール向け監視サービスの販売で協業(GSX、デル、マクニカネットワークス)

  9. 大量のアマゾン偽注文メールを確認、リンク先は悪意あるサイト(G DATA)

  10. 「やられたかな?その前に」を公開、セキュリティ事業者への問い合わせをスムーズに(ISOG-J)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×