【画像】【オフィスセキュリティEXPO】各種センサーを使った不審者検知機能を備えるセキュリティロボットを展示(HACK JAPANホールディングス) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.21(月)

【オフィスセキュリティEXPO】各種センサーを使った不審者検知機能を備えるセキュリティロボットを展示(HACK JAPANホールディングス) 1枚目の写真・画像

研修・セミナー・カンファレンス

「KB-BOX」の「L-MODEL」(左)と「M-MODEL」。映像監視と通話機能を備えておりカンタン設置が可能な防犯システムとなる(撮影:編集部)
「KB-BOX」の「L-MODEL」(左)と「M-MODEL」。映像監視と通話機能を備えておりカンタン設置が可能な防犯システムとなる(撮影:編集部)

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 開発者などに向けたアプリケーションセキュリティトレーニングを無償開催(The OWASP Foundation)

    開発者などに向けたアプリケーションセキュリティトレーニングを無償開催(The OWASP Foundation)

  2. FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

    FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

  3. これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

    これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

  4. あのランサムウェアはいくら儲かったのか? Locky が 780 万ドル、WannaCry は?

  5. コネクテッドカーが持つ潜在的なリスクとセキュリティ対策のための3つの柱

  6. 「PacSec 2016」を10月26~27日に開催、賞金総額は約6,700万円(PacSec)

  7. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  8. マイナンバー対策セミナーでセキュリティ対策ベストプラクティスを紹介(ウォッチガード、クオリティソフト)

  9. サンドボックスのログ監視、自社でするか外部にまかせるか? ~西鉄情報システムの事例から

  10. Black Hat USA 2016 でプレゼンスを発揮した日本人、アーセナルで注目集めたツールたち

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×