【画像】「ごみ分別アプリ」で振り込め詐欺などの防犯情報を配信(千葉県鎌ケ谷市) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.20(月)

「ごみ分別アプリ」で振り込め詐欺などの防犯情報を配信(千葉県鎌ケ谷市) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

「ごみ分別アプリ」画面。配信された防犯情報は「お知らせ」で確認できる(画像は「鎌ケ谷市ごみ分別アプリ」より)
「ごみ分別アプリ」画面。配信された防犯情報は「お知らせ」で確認できる(画像は「鎌ケ谷市ごみ分別アプリ」より)

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

    サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  2. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  3. 自動車のセキュリティに起因する事故の被害者を救済(三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険)

    自動車のセキュリティに起因する事故の被害者を救済(三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険)

  4. 来春誕生日本最大外資系損保「AIG損害保険」の日本サイバー保険市場への野心

  5. 防災監視で重要視される計測・検知・録画・警報の4つの要素を集約、洪水や堤防の決壊を事前に予測可能(エコモット)

  6. IoTとAIを組み込んだスマートマンション、そのサイバーセキュリティを探る(インヴァランス)

  7. Webサイトを無害化する、Web向けサンドボックスが登場(ラック、マクニカネットワークス)

  8. 脆弱性管理ソリューションとWAFを統合(F5、WhiteHat Security)

  9. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  10. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×