児童のわいせつな動画像データを販売目的で保管していた男性を逮捕 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.18(土)

児童のわいせつな動画像データを販売目的で保管していた男性を逮捕

製品・サービス・業界動向 業界動向

 警視庁少年育成課と練馬署は7月8日、児童のわいせつな動画像データを販売目的で保管したとして、東京都渋谷区の今井一史(41歳)および群馬県前橋市の柳沢浩史(40歳)の両容疑者を児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで現行犯逮捕した。両容疑者は、自宅PCのHDDに児童のわいせつな動画像データを保管し、CD-ROM約1,000枚を所持していた。また、CD-ROMをネットオークションに出品していた。児童買春・児童ポルノ禁止法の適用対象を画像情報に拡大した同日施行の改正同法の初適用となる。


警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×