【画像】100年以上の期間利活用でき、100倍高速な準同型暗号方式を新開発(NICT) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.21(木)

100年以上の期間利活用でき、100倍高速な準同型暗号方式を新開発(NICT) 2枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

今回開発された鍵長が変更できる準同型暗号方式
今回開発された鍵長が変更できる準同型暗号方式

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

    ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

  2. マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所)

    マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所)

  3. 能力のないサーバ管理者 サーバモンキーはネットセキュリティの危険因子

    能力のないサーバ管理者 サーバモンキーはネットセキュリティの危険因子

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. 撤去予定だったスーパー防犯灯を再活用、新たに防犯カメラと街灯を設置(静岡県CC緑化協会)

  6. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

  7. 社長に本富氏を迎え、日本市場の販売活動を強化(デジタルガーディアン)

  8. WAFサービス「Scutum」を「Amazon EC2」上で提供(SST)

  9. ウェブルートの脅威分析エンジンを次世代ファイアウォール向けに提供(CTC、ウェブルート)

  10. 情報セキュリティリスク統括本部がIT部門から独立、体制を強化(日立)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×