【画像】迷惑・詐欺「通話」対策アプリを発表、「auスマートパス」から提供開始(マカフィー) (3/7)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.20(水)

迷惑・詐欺「通話」対策アプリを発表、「auスマートパス」から提供開始(マカフィー) 3枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

トビラシステムズの代表取締役社長である明田篤氏
トビラシステムズの代表取締役社長である明田篤氏

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 情報セキュリティリスク統括本部がIT部門から独立、体制を強化(日立)

    情報セキュリティリスク統括本部がIT部門から独立、体制を強化(日立)

  2. 「サイバーセキュリティ関連で最もクールな4つの職種」を発表(マカフィー)

    「サイバーセキュリティ関連で最もクールな4つの職種」を発表(マカフィー)

  3. ネットを悪用した特殊詐欺をテクノロジーで解決(トーンモバイル)

    ネットを悪用した特殊詐欺をテクノロジーで解決(トーンモバイル)

  4. ネット犯罪の専門家、ワンクリック詐欺容疑で逮捕

  5. 米Proofpointのメッセージング・セキュリティ製品を販売開始(ディ・エイ・ティ・エス)

  6. ディープラーニングを採用したイスラエルのエンドポイント保護製品を発売(アズジェント)

  7. コネクテッドカーのセキュリティを確保するためのモジュールを共同開発(カスペルスキー、ドイツAVL)

  8. 「Windows Defender ATP」を活用したエンドポイント対策を提供(PwCコンサルティング、PwCサイバーサービス)

  9. AWS利用の際のセキュリティリファレンスを共同で作成、政府機関向けに無償提供(NTTデータ、PwCあらた、富士ソフト)

  10. 社内 CSIRT 構築時の現状評価、計画策定、専門業務を代行(CTC)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×